*

総理主催「桜を見る会」

公開日: : 最終更新日:2015/04/25 ガール・パワー, ブログ

FullSizeRender 14
安倍晋三内閣総理大臣が主催なさる「桜を見る会」へ。
4月18日8:30〜10:30 新宿御苑

東京都内のソメイヨシノは最近の冷え込みと雨が続いたためほとんどが葉桜となっていますが、新宿御苑の八重桜はみごとに咲き誇っており、風に花吹雪も舞う美しい一日でした。

せっかくなので和装でまいりましょうと、お友だちとご一緒し、まるで 谷崎潤一郎「細雪」のような自画自賛ショット。和服を着ると日本人であることの誇りを取り戻すとともに、女に生まれたことの喜びを感じます。

安倍総理から配偶者とともにご招待いただきましたが、彼は地方出張のため代理で娘を同行し、夜まで別件の会合・パーティーがありましたので、この日は珍しく娘と早朝から深夜までずっと一緒に過ごすことができましたありがたい日です。5月から海外赴任する娘(商社勤務)と、4月はなにくれとなく一緒に過ごす時間が多くあり、私はとてもとても幸せです。

娘のお着物は、彼女が七五三のとき私が誂えた紋付きの付下げをもう着ることができる年齢(26歳)になりました(53歳の私が着るには少しかわいらしすぎる色柄になったため、この付下げは娘へ譲ります)、ありがたいことです。
帯は、私と娘二代を通じてそれぞれ成人式のときに締めた佐賀錦の帯、お草履とバッグは、私の母が新調してくれました。
娘と一緒にいるときには母は地味なお着物をということで、渋い色柄の紋付き付下げとし、帯はおめでたい鳳凰の柄を選びました。
IMG_9685 莉佳子と

11050675_1058341970861600_5992283945056489313_n

関連記事

雑誌対談:我慢か努力か、結婚と離婚の処方箋

政治解説者 篠原文也先生にお誘いいただいて対談しました、日本の結婚と離婚の現状と問題点解決策など、内

記事を読む

和装で大切な髪型

近ごろ、年齢のせいもあるのでしょう、和服でのお出かけが増えてきました。 いまだ着物を自分で着る

記事を読む

今年最初の忘年会

「Girl Power」コアメンバーで忘年会を開きました。 来年Girl Powerで行うプロジェ

記事を読む

舞台『もとの黙阿弥』

ヨネスケ師匠からお誘いいただいて、片岡愛之助さん、早乙女太一さんらの『もとの黙阿弥』舞台を拝見しまし

記事を読む

通勤用にもいいスポーツシューズ

とっても歩きやすいシューズが届きました。 ふだん私はスニーカーで移動していますが、デサントのこのタ

記事を読む

女性が「豊田真由子議員」状態の場合の正しい対処法

豊田真由子衆院議員(42)から暴行を受けたとして、50代元秘書男性が埼玉県警に被害届を提出し、県警は

記事を読む

幸せに生きる為に自分にしてはいけない15のこと

欧米で、幸せに生きる為に「自分にしてはいけないこと」をまとめたサイトが話題です。 (出典:マルクと

記事を読む

舞台『嘘つきとキュービスト』出演

50歳から舞台と映画デビューさせていただきました。 最初の舞台は『日本の問題(中野ザポケット)』、

記事を読む

なぎなたお稽古

橋本久美子さま、安倍昭恵さまはじめ皆様と「なぎなた」お稽古を、日本武道館で行っています。 フランス

記事を読む

著作一覧

大好きな彼に選ばれるための25の法則 スターツ出版 1300円 結婚の学校―ワタシが彼を選ぶ

記事を読む

西日本豪雨被害者支援へのご協力をお願いします

私は岡山出身で、18歳まで岡山市内で育ちました。 豪雨被害の直後、新

6月2日は「ローズの日」

「ローズの日の集い🌹」に伺いました。 6月2日をローズの日と定め、ブ

セルフブランディング講座:横浜みなとみらい

「ビジネスマンのためのセルフブランディング講座」今年も横浜で開講します

「#Me Too」ムーブメントの意味

「#Me Too」ムーブメントの意味をあらためて書いておきました。

セクハラ問題が「女の敵は女」とならないよう

財務次官のセクハラ疑惑にかんして、テレビに出て影響力あるタレント女性が

→もっと見る

PAGE TOP ↑