*

TOKIO山口氏の離婚会見

公開日: : 最終更新日:2016/08/07 ブログ, メディア, 恋愛と結婚と離婚

素晴らしい離婚会見でした。
スターなのに囲み取材をなさる勇気が、まず素敵でした。
ーーー着席しテーブルがあれば、隣に弁護士が座っていて回答に窮したとき助け船を出してもらえますし、カンペとまでいいませんがメモ状のものを手にすることも可能ですが、立ったままの囲み取材は、芸能リポーターや記者との距離が文字通り近いうえ(パーソナルスペースを脅かすためかなり圧迫感があるものです)、表情だけでなく、手の置き場、しぐさまですべて見えてしまう、いわば丸裸状態です。「自分一人で立ち向かう」男らしさが素敵です。

 

発するお言葉の中に一切の「うそ」は感じられませんでした。
ーーーテレビで放送された動画だけでなく、記者との一問一答すべてを書面でも拝見しましたが、少し重複した質問にも真摯に応え、しかも「爽やかな離婚会見」というのは日本初!です。

 

離婚や不倫の会見というのは極めて難しいものです。
ーーー離婚それ自体が日本ではまだネガティブなイメージがありますので暗くなりがちですし、記者から原因を追及されたり、予期していない質問を投げかけられて慌てる方もいらっしゃいます(そのため弁護士が同席することがほとんどですが)。
また、笑顔で離婚会見を行うと、まったく関係ない第三者から「子どもは傷ついているのに離婚を軽く扱いすぎる」と罵られる場合もありますが、この度の離婚会見は、潔さに加えて笑顔と爽やかさがありました。

 

将来、子どもたちへの責任を果たす約束も素敵です。
ーーーこのような素晴らしい離婚会見は、堺正章氏以来です。
もちろん、大きな経済力があってこそできる約束ですが、世の中には何千万・何億円と貯金があっても子どもの学費を出ししぶる父親もあります。逆に、ご自身は食べるものも倹約して子どもたちの養育費に充てる父親もあります。経済力の有無ではありません。
ーーーーーーーー
TOKIO山口達也 完璧離婚会見
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/06/kiji/K20160806013106170.html
(スポニチアネックス)

関連記事

アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』試写会

泣きました。 コメディ映画なので笑えます。涙します。温かい涙です。 ああ、私、「お母さん」で

記事を読む

リチャードソンジリス

わけあって、しばらくの間お預かりしていましたリチャードソンジリスが帰ってしまいました。 まだ子ども

記事を読む

TBS『いっぷく!』出演

8月1日(金)8:00〜TBS『いっぷく!』生出演します。TBSは時間をかけて慎重に作る番組が多いの

記事を読む

舞台『安部公房の冒険』対談

舞台『安部公房の冒険』について対談させていただきました。 劇作家@松枝佳紀氏より戯曲の台本を受け取

記事を読む

内田裕也rock’n’roll葬

内田裕也さま rock 'n roll 葬が、13時から執り行われました。 堺正章、崔監督らの

記事を読む

浮気適正年齢は25歳までと45歳以上

もちろん、浮気や不倫をお勧めするものではありません。 生涯一人の人を愛し続け、脇目もふらず配偶者の

記事を読む

TBS「私の何がいけないの」出演

10月13日放送分に出演したのですが、観るのをすっかり忘れていました。(>_<) オス

記事を読む

中高年ひきこもり「8050問題」

取材を受けました記事の掲載誌『週刊新潮』 ーー特集 あなたの隣にいる「中年ひきこもり」の正体ーー。

記事を読む

一年を振り返るテレビ番組出演

新しい年を迎える前に、各テレビ番組では一年を振り返る内容を特集しています。今年の振り返り、私は岡山県

記事を読む

舞台『蟻地獄』

インパルス板倉俊之さんが原作の小説は400頁を越える大作ですし、漫画化された作品も以前読んでいました

記事を読む

熟年離婚の相談が増加

50代以上の「子育てを終えた世代」ご夫婦からの、熟年離婚の相談が増えて

舞台『蟻地獄』

インパルス板倉俊之さんが原作の小説は400頁を越える大作ですし、漫画化

アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』試写会

泣きました。 コメディ映画なので笑えます。涙します。温かい涙です。

映画『ハチとパルマの物語』プレミア試写会

映画『ハチとパルマの物語』プレミア試写会では、壇蜜さんとアナスタシ

映画『ミセス・ノイズィ』とClubhouse

早朝からベランダに布団を干し、布団叩きでバンバンと大きな音を立てる

→もっと見る

PAGE TOP ↑