*

31冊目の著作

新刊の見本書籍が届きました。嬉しい。
何冊出版しても嬉しいものは嬉しいですし、著作は、可愛いくて大切な作品です。

ーーー本を書く人になろうと思ったのは、今から22年前、32歳のときでした。その後、精神科医町沢静夫先生と一緒にお仕事をすることになり、町沢先生のオフィスを訪ねたら、書棚にご著書がたくさん並んでいました。
「町沢先生は何冊のご本を出版していらっしゃるんですか」と尋ねると、「ちょうど40冊目が出たところだよ」とおっしゃる。当時先生は50歳でした。そのとき、なんとなく「私も40冊になるまで本を出します」と決めました。が、私は今54歳になって、ようやく31冊目です。まだまだです。今年はもう1冊出版する予定です。

ーーーそれはさておき、
若いお嬢様方に「とりあえず結婚しましょう」「できれば出産もしてみましょう」とお伝えすると、面倒くさいと思われます。口うるさいオ●サンだと嫌われることさえあります。
でも、結婚や出産しなかったことに大きな後悔を抱えている50代、60代の女性たちのご相談を多く受けてきた立場としては、今後も、とりあえず結婚したほうがいいとお伝えし続けます。

たとえ万一、夫婦関係がよくない状態となったとしても、結婚したこと、出産したことへの後悔はないんですよ。不思議ですね。

『とりあえず結婚するという生き方』池内ひろ美著
5月27日発行/1296円/ヨシモトブックス刊
FullSizeRender 3

関連記事

今年も手話ダンス発表会が近づいて・・・

毎年3月に、「手話ダンス」発表会が開かれます。 聾唖のダンサーも含めて、全国から集まり、中野ゼロホ

記事を読む

オモ論議で「女性の現状」を話します

6月25日(火)20:30〜 「オモ論議」渋谷∞ドーム よしもと芸人と文化人が社会問題などな

記事を読む

落とした財布が戻ってきました。感謝。

落とした財布が戻ってきました。 この財布を拾って神宮前交番へ届けてくださいました方、ありがとうござ

記事を読む

熊本地震:女性への支援にご協力お願いします(Girl Power)

今月末、熊本へまいります。 震災直後の救助・避難等は自衛隊や医師団など「プロ」でなければできないこ

記事を読む

ベッキー問題を論客が語る

発売中の『サンデー毎日』で「ベッキー騒動 大激論」とし、論客がそれぞれの見解を寄せています。が、まあ

記事を読む

映画『裸のいとこ』

大鶴義丹監督作品。 DVD『裸のいとこ』 2011年3月11日の東日本大震災が起こっ

記事を読む

母の日に特養老人施設訪問

昨日「母の日」に、杉並区の特別養護老人施設「南陽園」を 手話ダンス・チームUZUの一メンバーとして

記事を読む

有隣会パーティー

政治系のパーティーにはあまり出席しませんが、時折お誘いいただいて伺うこともあります。 1000

記事を読む

ひずんだ家族、私はあきらめない

ひずんだ家族、私はあきらめない 福島・楢葉 あれから家族はふつうではなくなり、私はそれに慣れて

記事を読む

大塚家具にみる「家族問題」

大塚家具の株主総会が終わり、長女久美子さんが61%の株主支持を得ました。 大塚家具のこの度の「お家

記事を読む

レインボーさんと男と女の違いを語る

テーマは「男と女の違い」。 男性と女性は違います。性の異なる男と女が

ラフレクランさんと婚活・結婚を語る

なぜ婚活と結婚を語らなければならないかといえばーーーこの年末年始、私は

マツコデラックスが紐解く日本のモテ現代史

今から約30年前ってどんな時代だったのかなあ、と振り返ったり「日本

女性首長が語ります

今、日本に女性の首長(地方公共団体の長)が、何名いらっしゃるかご存

TBS「グッとラック!」

々にTBSへ伺いました。 1階ロビーに体温検査所さまざま設けられ

→もっと見る

PAGE TOP ↑