*

バスの中で「初めて見たけど好きになった」女子高生に中年男が

公開日: : 最終更新日:2014/12/29 ブログ, メディア

ロマンティックな話などではありません、、、怖いことです。
ーーーーーーーーー

【2014年12月22日 西日本新聞】
長崎県警によると、19日夕、長崎県佐世保市内を走っていたバスの中で、不審な中年の男が女子高校生の背後から近づき、いきなり女子高生の肩をたたいて、「初めて見たけど、好きになってしまった」「俺のこと、どう思う?」などと、声をかける事件があった。

同県警で捜査しているが、不審な男は50歳ぐらい。中肉。白髪交じりの短髪。ベージュ色のジャンパーを着ていたという。

ーーーーーーーーー

この記事を男性が読むと、「中高年になって女子高生に声をかける(ナンパする)だけで警察が捜査するのか」と不快に思われるかもしれません。

が、過去一度でも奇妙な見知らぬ男性から声をかけられた恐怖を知っている女性であれば、上記の警察捜査はとても心強く感じられるものです。

問題は、「恐怖に感じた」ことにあります。
新聞記事では「不審な男」と書かれています。報道では個人を特定するような詳細を書くことができませんが、文章に「不審な」との表現を使う必要を記者は感じたのでしょう。もちろん、見知らぬ男性が唐突に声をかけてくること自体が不審だったり奇妙だったりしますが、、、

じつは53歳の私も今春、件の女子高生と似たような体験をしていますので、彼女の恐怖が手に取るようにわかります。

(面識のない方から突然声をかけられることは、じつは多々あります。講演に向かうとき、地方出張のとき、「テレビで見てますよ」とか「本を読みました」とお声かけくださる方は多くいらして、それはそれはありがたいことです。今日お話しするのは、そういったことではなく、奇妙な感じで唐突に声をかけられることの恐怖です)

私が奇妙な感じで声をかけられたのは大阪の駅ホームで電車待ちしていたときです。
男性は60代後半、白髪ロングヘアで不潔な感じのロングコートを着ていました。
「あなたみたいな素敵な女性に会ったことがない、運命だ。これは運命だ」と繰り返し言い、私は、その人の感情を刺激しないよう、するする〜っと静かにその場を離れても(指定列車待ちのためホームから出ることはできませんでしたので)、またすぐについて来て、「奇跡だ、この出会いは奇跡だ」と言う。

こういうのって、ほんとうに怖いんですよ。50歳を超えた私でも怖いと感じたのですから、女子高生が恐怖に感じたのは当然です。男性から見ると「ナンパ」?かもしれませんが、そんな呑気な話ではありません。

突然声をかけてくる男性、しかも賛辞や好きだと唐突に言葉にする男性に対して一般的な女性がどのように感じるかといえばーーーこの人は精神が混乱している人かもしれない、私の対応次第では感情が逆方向へ激するかもしれない、もしも危険な物を持っていたら?ーーーそれらを私も瞬時に思い、うすく回りを見渡すと(男性の大きな声は回りにも聞こえていました)、私が右を見ると、右側にいる人たちは目を伏せ、左を見ると、左側の人たちも目をそらす、つまり、誰も関わりを持とうとしない。今ここで突然何かあっても回りにいる人たちはどうやら守ってなどくれない。そんなことを感じる恐怖でもあります。
だからこそ、本件を警察が捜査したのは心強いニュースでした。

「声をかけただけで、強制わいせつでも傷害事件でもないのに」とご不満に思われる男性もあるかもしれませんが、「事件になる前」に警察が動くことは滅多にありません。声をかけた男性の言動や風貌が一般的ではなく不審だったことを無視しなかった警察の快挙と思います。

クリスマスからお正月はある種の非日常、浮かれた日が続きます。
恋愛は大いに推奨している私ですが、奇妙な声かけには警鐘を鳴らします。
男性も女性も気をつけてくださいね。

素敵なクリスマスをお過ごしいただき、穏やかに新年をお迎えください。

関連記事

山田方谷を描く『財務の教科書』

『財務の教科書』林田明大先生より賜りました。林田先生直々の美しい筆文字でメッセージもしたためられてお

記事を読む

岡山県人会婦人部会での講演

建国記念日。 岡山県人会で、諸先輩方を前にお話させていただきました。高校の同窓生女子から素敵なお花

記事を読む

テレビ朝日『サンデースクランブル』

本日放送の『サンデースクランブル』取材を昨日深夜に受けました。 そして先ほども追加確認の電話を

記事を読む

国交省 宅配便再配達 検討会

国交省、事業者等とともに数ヶ月間かけて行ってきた検討会で感じたことを、朝日新聞にコメント出しました。

記事を読む

31冊目の著作

新刊の見本書籍が届きました。嬉しい。 何冊出版しても嬉しいものは嬉しいですし、著作は、可愛いくて大

記事を読む

ベッキー問題を論客が語る

発売中の『サンデー毎日』で「ベッキー騒動 大激論」とし、論客がそれぞれの見解を寄せています。が、まあ

記事を読む

舞台『ラケット』

若手俳優×若手映像クリエイター×神保町花月が初タッグを組んで行う将来性に期待大の舞台『ラケット』

記事を読む

妻からのDV

「妻からのDV」について、 朝日新聞にコメント出しました。男性からのDV以上に、女性からのDVは外

記事を読む

no image

離婚相談と女性の生き方

記事を読む

X’masプレミアム電話相談(3名様)

X'masプレミアム電話相談のプレゼント・キャンペーンです。 クリスマス前の恋愛相談、彼氏との結婚

記事を読む

自分の「花押」を作ってみました

「花押」って、ご存じですか。 現代の日本は印鑑文化ですが

女性活躍シンポジウム:岡山

「女性活躍が新たな企業価値をつくる」シンポジウム。 沖縄から藤野公子

西日本豪雨被害者支援へのご協力をお願いします

私は岡山出身で、18歳まで岡山市内で育ちました。 豪雨被害の直後、新

6月2日は「ローズの日」

「ローズの日の集い🌹」に伺いました。 6月2日をローズの日と定め、ブ

セルフブランディング講座:横浜みなとみらい

「ビジネスマンのためのセルフブランディング講座」今年も横浜で開講します

→もっと見る

PAGE TOP ↑