*

坂東玉三郎の可憐さ

公開日: : ブログ, メディア

kabukiza_201407ff
七月大歌舞伎観劇。

想像を絶する美しさ。『天守物語』泉鏡花の世界を、舞台のしつらえは古典的な歌舞伎のそれではなく、もちろんスーパー歌舞伎でもない独特の幽玄さをみせる。

舞台に現れるだけで花が咲いたように美しい坂東玉三郎は、まさしく「姫」でした。まるで少女のように可愛らしい天守夫人富姫(玉三郎)は、彼女を姉のように慕う亀姫(尾上右近)から土産にと贈られた生首を美味しそうにみつめ、それは魔物の世界だからとはいえない。では人間は残酷ではないかと問うと、権力を持った人間ほど利己的で残酷な存在はないと、富姫と恋におちる図書之助(市川海老蔵)が芝居でみせる。
あまりの美しさにおもわず涙してしまいました。

年齢、性別すべてを超えたものをみせていただける。
衣装やしぐさだけでなく、姿かたちだけでなく、体型まで「娘」のような坂東玉三郎さまを見ていると、年を重ねていくのもまた素敵ではないかしらと思わせる。
まだ22歳の尾上右近さまが玉三郎さまと並んでも引けを取らない美しさであることにも驚き!
役者さんは多くの皆さまの夢を演じていらっしゃる。ご見物だけでなく、制作側の夢も体現しているでしょう。

数年前、突然新春大歌舞伎をなさらなければならなくなったとき、玉三郎さまは数日で仕上げて見事に務められました。美しさの背景にある努力を想像して落涙するとともに、年を重ねても可憐でいることができると励まされたようで嬉しくなった舞台でもある。

いえいえ、そんな厚かましいことを思ってはいけませんね。
先月、別の歌舞伎舞台の折に歌舞伎役者トークで聞いたことです。

「どうすれば女性らしく見えるかとお客様から尋ねられることがあるけど、女形は女性じゃないのよ。世の中には、男の役者と女形と男性と女性がいるの」とおっしゃっていたのを思い出しました。

七月大歌舞伎(7月5日〜29日)歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/2014/07/post_77.html

夜の部を拝見しましたが、『天守物語』だけでなく『修禅寺物語』も素敵です。

関連記事

写真

0歳からの知育大百科

発売中の『プレジデントBaby』コメント出しています。 「0歳からの知育大百科」 保存版です

記事を読む

10275930_1252887548073707_3918809570562419358_n

今田耕司さんの結婚??

お台場のホテルでランチを摂りながらのテレビ番組収録。 「50歳の誕生日を迎えたのに今田耕司さんはな

記事を読む

手話ダンス(学習院女子

学習院女子学園祭で手話ダンス

新宿区にある学習院女子大学の学園祭に、私たち手話ダンスチームがお伺いしました。 特設ステージ上で「

記事を読む

公開講座3

「女子学」大学での講義

「女性学」ではなく、「女子学」を一緒に学びましょう。 大学公開講座「女子学概論」 講師:池内ひろ

記事を読む

images-1

もしもレイプ被害に遭ってしまったら…

あってはならないことですが、性暴力は存在します。なかでも卑劣なレイプ事件も後をたちません。日本はアメ

記事を読む

Seminar

「男性とのつきあい方」セミナー

「彼と分かりあいたいのに、分かりあうことができない」「なぜ彼が怒るのか分からない」「どうすれば仲良く

記事を読む

FullSizeRender 2

熟年離婚は妻から95%

 『ワイド!スクランブル』に出演し、熟年離婚について語らせていただきました。 「離婚の申し出は

記事を読む

15780899_1542879469074512_2528129933279990825_n

謹賀新年

新年おめでとうございます。 皆さまのご多幸とご無事をお祈りいたします。 娘が着ている振袖と帯

記事を読む

Seminar

女性だけの講演会

6月20日土曜日、岡山シンフォニーホールにて「山陽レディース倶楽部」13期 第1回文化講演会を行いま

記事を読む

ブラマヨ1502

「ブラマヨ弾話室ニッポンどうかしてるぜ!」

 池内ひろ美も毎週出演しています「ブラマヨ弾話室ニッポンどうかしてるぜ!」 バラエティ番組です

記事を読む

images
「大人の恋」の難しさ:渡辺謙氏

渡辺謙氏の、いわゆる不倫報道からつれづれに書いてみました。 一部

Unknown
年の差結婚のアンジャッシュ渡部建氏

アンジャッシュ・渡部建さんが佐々木希さんとの結婚を、日本テレビ『行列の

IMG_5815
対談『経済界』

『経済界』佐藤有美社長と対談させていただきました掲載誌。 「輝く

C7AgcvFWoAYJYFx
パキスタン映画『娘よ』

サンプル版をいただいて、昨夜パキスタン映画『娘よ』を観ました。 脚本

sasameyuki2017_omote
谷崎潤一郎『細雪』観劇

お招きいただいて『細雪』観劇しました。 谷崎潤一郎の長編小説『細雪』

→もっと見る

PAGE TOP ↑