*

プレイボーイには2種類ある

公開日: : 最終更新日:2016/02/20 ブログ, 恋愛と結婚と離婚

たくさんの女性と恋をする男性には二種類のタイプがあります。

カサノヴァ型とドンファン型

この度、妻が妊娠中に自宅へ女性を連れ込んだ不倫疑惑の衆議院議員(辞職したので元議員)男性の場合は、カサノヴァ型かもしれませんね。
といったことを、テレビ朝日「ワイドスクランブル」でお話しさせていただきました。

 

●カサノヴァ型
1725年に生まれ73歳で亡くなった、イタリア・ベネチア出身の作家ジャコモ・カサノヴァは、女性遍歴で有名。自伝『我が生涯の物語』によると、生涯1000人以上の女性と関係を持ち、同性愛の側面もあったとされている。同時に複数の女性と関係を持ち、不特定多数を相手に口説き口説かれるタイプ。

●ドンファン型
17世紀スペインの伝説上の人物。放蕩のかぎりを尽くした貴族といわれているが、「理想の女性」を求めて女性遍歴を重ねるため、交際する相手は多いが浮気(同時に複数)はない。一人の女性を愛し、彼女は理想の女性ではなかったと気づき次の女性へと移るため、交際中は女性をとても大切にするタイプ。
スペインでは、ドン・フアン・テノーリオ(Don Juan Tenorio)。フランス語ではドン・ジュアン、イタリア語ではドン・ジョヴァンニとよばれる。

ーーー番組出演を終えて、別件の打ち合わせも終わって、車寄せの近くにあるテレ朝マスコット「ゴーちゃん」と記念?撮影しました。撮影者は私のマネージャー。

関連記事

国交省 宅配便再配達 検討会

国交省、事業者等とともに数ヶ月間かけて行ってきた検討会で感じたことを、朝日新聞にコメント出しました。

記事を読む

連続講座「別れを選ぶその前に」

日時:2月18日(木)~3月11日(木)各10:30〜12:30 会場:むさしのヒューマン・ネット

記事を読む

『AERA』家族はなぜ苦しいのか

発売中の『AERA』大特集「家族はなぜ苦しいのか」にコメント出しています。自宅へ帰りたいのに帰れない

記事を読む

近ごろの「別れ下手」な男女

恋愛関係にある男女が別れるとき、別れを告げられた側が攻撃的になる、暴力をふるう、号泣する、自殺未遂す

記事を読む

「モラハラ相談」連載

4月13日より、『日刊現代』で 今とても顕著になっている「モラル・ハラスメント」にかんする新連載で

記事を読む

TVタックル収録終わり

2時間にわたる白熱した番組収録でした。放送は3月末頃。 とても明るく清潔な控室です。せっかく、

記事を読む

昨今の離婚事情

2月11日付朝日新聞 社会面 「どうして別れるの? 昨今の離婚事情」にコメント出しています。

記事を読む

講演「家族の絆、職場の絆」

埼玉県大宮市で講演を行いました。 「家族の絆、職場の絆」に必要なのはコミュニケーション能力でも

記事を読む

Girl Power Salon:女性のからだ

毎回好評のGirl Power Salonのご案内です。 今回は「女性の体」をテーマとしています。

記事を読む

高島礼子氏と慰謝料

高島礼子氏が髙知容疑者との離婚を決意するまでには、さまざま葛藤があり困難を極めたことと推測しますが、

記事を読む

映画『ミセス・ノイズィ』とClubhouse

早朝からベランダに布団を干し、布団叩きでバンバンと大きな音を立てる

ミャンマーの友人から:ミャンマー軍クーデター

ミャンマーの友人からmessageを伝えてほしいと頼まれました。 ミ

本当に女は話が長いのか? レインボーさんと考える

森喜朗元総理の発言は世界的なバッシングを受けて、東京オリンピック・パラ

ラフレクランさんと婚活・結婚を語る

なぜ婚活と結婚を語らなければならないかといえばーーーこの年末年始、私は

マツコデラックスが紐解く日本のモテ現代史

今から約30年前ってどんな時代だったのかなあ、と振り返ったり「日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑