*

ゲスの極み?って・・・

公開日: : 最終更新日:2016/01/15 ブログ, 恋愛と結婚と離婚

「ゲスの極み乙女。」の川谷氏が既婚者であるのを隠してベッキーに近づいた?のでしょうか。真相はまだわかりませんが、週刊文春の記事はこの1本だけでは終わらない気がします。

そもそも、結婚していることや子供があることを隠して異性とつきあう人は、別の人と再婚してもまた似たようなことが起こる場合が多い(あくまでも一般論として)。また、不倫は繰り返されることが多いものです(一般論)。

(写真はスポニチアネックス掲載)

「ゲス乙女」川谷 妻がいること隠しベッキーに接近、親密な関係に

スポニチアネックス 1月7日(木)5時1分配信

 タレントのベッキー(31)が、昨年大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場したロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(えのん、27)との不倫交際が明らかになった。7日発売の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

スポニチ本紙の取材では川谷は昨年夏、バンドを結成当時から支えた女性と結婚。川谷は結婚の事実をごく一部にしか伝えず、ベッキーにも隠したまま親密な関係に発展。その後、真実をベッキーに告白したが、親密な関係は続いたという。

週刊文春の直撃には結婚の事実自体を否定。妻の名前を出して聞くと「名前は知ってます。友達です」と答えている。川谷は6日、ベッキーの会見が終わった後、報道各社にファクスでコメントを送った。「ベッキーさんとは親しい友人としてお付き合いさせていただいておりましたが、既婚の身でありながら軽率な行動によって世間を騒がせる事態となり深く反省しております」とつづった。

川谷は東京農工大出身で、大学3年のころから本格的に作詞・作曲を開始。10年にバンド「indigo la End」を結成しメジャーデビュー。現在も「ゲスの極み乙女。」と掛け持ち。自身についてはテレビ番組で「人間関係が苦手で、致命的な言葉で相手を傷つけたり、無口になって心を閉ざしてしまいがち」と分析している。別れや喪失感を楽曲のテーマに据えることも多く、支持層の多くは若い女性だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160106-00000154-spnannex-ent

関連記事

ミドル独身男性が結婚を考えるとき

結婚相手選びに悩まれる男性が多くいらっしゃるようですが、男性に高いスペックを求める若い世代の女性より

記事を読む

「#Me Too」ムーブメントの意味

「#Me Too」ムーブメントの意味をあらためて書いておきました。 去年ハリウッドでいきなり始まっ

記事を読む

映画試写会イベントで恋愛相談

映画『オーバー・ザ・ブルースカイ』試写会&トークイベントのご案内です。 3月10日(月)ベルギー大

記事を読む

マジックバー「うさぎや」

お友だちのSHINOBUちゃんがマジックを行う、赤坂「うさぎや」へ娘と一緒に行って参りました。SHI

記事を読む

「Girl Power」娘と同い年の専務理事

西川礼華先生の壮行会、とても素敵な会でした。 今「Girl Power(一般社団法人日本女子力推進

記事を読む

Girl Power 新プロジェクト

Girl Powerの新プロジェクトについて深く深く打ち合わせを行ないました。 早ければ今年3月か

記事を読む

キャリアコンサルティング様で講演

若い女性たちへ向けて講演させていただく打合せを、株式会社キャリアコンサルティング様で行いました。

記事を読む

大学公開授業:日本の家族

【本講義は終了しました。2017年春、同内容の講義を行う予定です】 日本の家族は、夫婦と子ども

記事を読む

映画『ウィークエンドはパリで』エッセイ寄稿

明日から公開の映画『ウィークエンドはパリで』 劇場パンフレットにエッセイを寄稿しました。 ロ

記事を読む

婚活講演「モテたい人にモテる方法」

日時:2009年12月22日(火)19:00〜21:00 場所:東京ミッドタウン オークウッド・プ

記事を読む

映画『ミセス・ノイズィ』とClubhouse

早朝からベランダに布団を干し、布団叩きでバンバンと大きな音を立てる

ミャンマーの友人から:ミャンマー軍クーデター

ミャンマーの友人からmessageを伝えてほしいと頼まれました。 ミ

本当に女は話が長いのか? レインボーさんと考える

森喜朗元総理の発言は世界的なバッシングを受けて、東京オリンピック・パラ

ラフレクランさんと婚活・結婚を語る

なぜ婚活と結婚を語らなければならないかといえばーーーこの年末年始、私は

マツコデラックスが紐解く日本のモテ現代史

今から約30年前ってどんな時代だったのかなあ、と振り返ったり「日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑