*

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます

公開日: : ブログ

今年、夫の父と母を見送りました。

海上保安庁に勤務していた父は、口数少なく静かに日々を過ごしあらゆることに辛抱強く、彼が癌だと気づいたときにはすでに末期でした。

痴呆が表れていた義母を在宅で義父が看病し、自身の病に気づいたときも、自宅で過ごしたいと申しましたが医者の許可がでるわけもなくーーせめて、仲の良い義父と義母を同じ場で過ごすことはできないかと病院施設を探しましたが、大阪では3ヶ月待ち、東京でも2ヶ月待たなければ入院入所できないとのこと。友人を頼って宮城の病院施設に入ることができたのはありがたいことでした。

宮城の病院では、できるかぎり義父の希望を叶えるよう努めてくださり、食事の内容や生活面でもさまざま細やかな気配りをいただきました。病院に併設された施設から、車椅子に乗せてもらって義母は義父の病室へいつも連れて行っていただけました。大阪で入院していたときには「エレベーターに閉じ込められた」「物を盗まれた」と妄想的になっていた義母も宮城では落ち着き、弱っていく義父を見守ることができました。

義父が亡くなったことを、義母は認めることができなかったでしょう。義母が混乱しないためにと葬儀への出席もかないませんでしたが、四十九日を迎える頃には義父の死をぼんやりと受けとめることもできていたようです。

義母が寝たきりになっても私たちは何もしてあげることができませんでした。やせ細った足をさすり、痛いところはないかだるいところはないかと、背中や膝、かかとをさすってあげることしかできません。義母に話しかけてあげることしかできません。

社会人となった娘は今香港で仕事をしているのよと伝えると、義母はぱあっと笑顔になり、「それはよかった、人様のために働くことができるのはよかった。これからは世界で働くことが大切ですね、ありがたいことです。良い子を育ててくれてありがとう」と繰り返し伝えてくれました。娘を可愛がってくれたことに私たちは感謝しています。義母が娘の十三参りに作ってくださったお着物は今も大切にしています。

義父を見送ったときは雪が降っており、義母のときは暑い夏の盛りでした。

私たちは、一日一日死に近づいている毎日を過ごしています。先に逝った彼らのためにも後悔のない日々を生きなければなりません。
お父様、お母様ありがとうございました。私たちは人様のためにできることを行い、人様に迷惑をかけないよう生きてまいります。

本日は大晦日、今年最後のご相談者様がいらっしゃいます。真摯に行わせていただきます。

皆様には本年も大変お世話になりましたにもかかわりませず、喪中につき年末年始のご挨拶を欠礼いたしますことお詫び申し上げます。

池内ひろ美

 

 

 

関連記事

和漢植物の石鹸「ペネロピムーン」

500円でのお試しチャンスです。 和漢植物から作られた石鹸「ペネロピムーン」 数年前から

記事を読む

沖縄国際映画祭

私も29日まで沖縄へまいります♪ ちょこっとだけ出演させていただいた作品が、沖縄国際映画祭に出品さ

記事を読む

今年最初のインタビュー掲載誌

今年最初の掲載誌を受け取りました。 インタビューを受けたのは昨年ですが、新年号にふさわしく「次なる

記事を読む

コンドームとSTIサミット

11月2日と3日、日本大学三崎祭で「コンドームとSTIサミット」行います。 STIとは、Sexua

記事を読む

外国人記者はみた!日本inザ・ワールド

毎週水曜日22:00〜22:55放送のBS-TBS 『外国人記者はみた!日本 in ザ・ワールド』

記事を読む

誕生日によせて

「生まれつき身体が弱いと言いながら、もう半世紀も生きちゃった」と笑ったのもずい分前のこと

記事を読む

お誕生日お礼申し上げます

12月13日で満54歳となりました。 この年齢になってもお仕事をさせていただける、健やかに穏やかな

記事を読む

キャリアコンサルティング様で講演

若い女性たちへ向けて講演させていただく打合せを、株式会社キャリアコンサルティング様で行いました。

記事を読む

もしも夫が離婚するといったら?

発売中の『女性セブン』 夫が離婚を迫ってきた3ヶ月以内に、やるべきこと、やってはいけないことなど、

記事を読む

Girl Powerセミナー:日本の美しい「江戸しぐさ」を知る

大盛況のうちに本日のGirl Powerセミナーを終えましたヽ(^o^)ノお忙しい中お運びくださいま

記事を読む

映画『ミセス・ノイズィ』とClubhouse

早朝からベランダに布団を干し、布団叩きでバンバンと大きな音を立てる

ミャンマーの友人から:ミャンマー軍クーデター

ミャンマーの友人からmessageを伝えてほしいと頼まれました。 ミ

本当に女は話が長いのか? レインボーさんと考える

森喜朗元総理の発言は世界的なバッシングを受けて、東京オリンピック・パラ

ラフレクランさんと婚活・結婚を語る

なぜ婚活と結婚を語らなければならないかといえばーーーこの年末年始、私は

マツコデラックスが紐解く日本のモテ現代史

今から約30年前ってどんな時代だったのかなあ、と振り返ったり「日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑