*

舞台『安部公房の冒険』新国立劇場

公開日: : 最終更新日:2016/01/09 ブログ, メディア

佐野史郎氏『安部公房の冒険』圧巻です!佐野史郎さまの素晴らしい長セリフはもちろんのこと、「愛人」に対する彼の言葉の発声と抑揚が「妻」に対するそれと異なり、でも長年愛人と愛人生活を続けるうちに、愛人への言葉が妻のそれと同じになることで時間の流れと男女関係の機微を見せてくださる。

縄田智子さまは、女子大生から40歳までの成熟を見事に演じきられていましたし、以前より線がくっきりした素晴らしい女優さんになっていらっしゃいます。物語の最後に彼女が発する「声」に泣きました。

彼女の声を受けて内田明さまのセリフがはじまり、自信に溢れた強いセリフなのに、さらに泣けてきます。「人間ていうのは、、、」。ーーそういえば、内田さんの立ち姿が以前よりさらに美しくなっていらっしゃいました。

4人きりの役者が三者三様(四者四様)に物語を演じますが、「妻」役の辻しのぶさまは出番は多くないのに、まるで彼女が舞台を回しているかのような存在感で、鳥肌が立つほどの感情を見せてくださいます。

舞台より前に台本を読ませていただき、Yoshinori Matsugae氏と対談させていただきました(劇場パンフレットに掲載)、そのとき「場面転換」が心配でしたが、舞台はシンプルかつ見事な手法で転換されていて、うぅむ!と唸ってしまうほど。場面を行き来する佐野さまとライトと絨毯が見事です。

「安部公房の冒険」
・新国立劇場小劇場にて
・2014年8月23日から8月31日まで
・演出:荒戸源次郎
・脚本:松枝佳紀
・出演:佐野史郎、縄田智子、辻しのぶ、内田明
・開場時間:上演時間は90分です。
・詳細はこちらから
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=45038

 

関連記事

山尾議員のダブル不倫疑惑に思うこと

民進党 山尾志桜里元政調会長(43)と既婚の男性弁護士(34)とのダブル不倫疑惑を、7日発売の週刊文

記事を読む

尼寺の「精進料理」

尼寺の精進料理を教えていただきました。 菜の花のおすもじ(巻き寿司)、さざれ石のお吸い物、あけぼの

記事を読む

手話ダンス・レッスン

手話とダンスを組み合わせたレッスンを今日から始めました。 今年10月、来年3月にはお披露目会、

記事を読む

氷上の日の丸を囲み世界が黙祷

2011年の「フィギュア選手権」は、震災が起こったため東京大会が中止となり、急きょロシアで開かれてい

記事を読む

熟年離婚は妻から95%

 『ワイド!スクランブル』に出演し、熟年離婚について語らせていただきました。 「離婚の申し出は

記事を読む

テレビ朝日『モーニングバード』

『モーニングバード』のVTR取材を受けました。 テレビ局内でVTR取材を受けることは、じつは少なく

記事を読む

妻からのDVを受ける夫の増加

産経新聞 生活面 「増える男性のDV被害者 プライド邪魔して相談できず」 私へのご相談は、女

記事を読む

TBS番組収録

『私の何がイケないの?』スタジオで4時間近くかけての収録でした。 皆様さまざまな問題を抱えてい

記事を読む

ベッキー「金スマ」

5月13日、「金スマ」でベッキー氏がテレビ(ロケ)出演。それを受けて、番組放送終了後のAbemaTV

記事を読む

著作一覧

大好きな彼に選ばれるための25の法則 スターツ出版 1300円 結婚の学校―ワタシが彼を選ぶ

記事を読む

オモ論議で「女性の現状」を話します

6月25日(火)20:30〜 「オモ論議」渋谷∞ドーム よしも

Girl Power Salonランチ&トーク(残席わずか)

フリーアナウンサー勝 恵子(Girl Power理事)と、池内ひろ美(

キャリアコンサルティング様で講演

若い女性たちへ向けて講演させていただく打合せを、株式会社キャリアコンサ

中高年ひきこもり「8050問題」

取材を受けました記事の掲載誌『週刊新潮』 ーー特集 あなたの隣にいる

岡山への帰省

いろいろあって娘と岡山の実家へ帰ってきました。 昔むかし私が高校へ通

→もっと見る

PAGE TOP ↑