*

国際結婚と離婚の難しさーー武田久美子氏が離婚発表

公開日: : 最終更新日:2014/07/07 ブログ, 恋愛と結婚と離婚

アメリカ人男性と結婚した武田久美子さんが、現在離婚調停中であることをブログで公表し、『女性セブン』で詳細を語っていらっしゃるーーーセブンの記事を拝読。

国際結婚の難しさですね。
同じ国の人同士でも結婚は異なる文化を持つ(異なる家庭で異なる親に育てられた)男女による「異文化との融合」であり「異文化との戦い」ともいえますが、国際結婚にいたっては、風土も環境も言語も宗教観も異なり、難しい面がさまざまあります。

国際結婚によって大きく異なる文化を受け入れようとし、子供のためにも結婚の継続を望んだにもかかわらず、アメリカ人夫の一方的とも思える離婚通達を受け入れざるをえなかった武田久美子さんーーですが、夫も妻も以前から二人の関係性は終わっていると自覚していらしたようです。

会見のようすを拝見しましたが、彼女は二通りのこと相反することを言っています。
離婚理由について、
「夫から『働いてほしい』と言われたため」とする一方、「仕事で日本へ行くと伝えると、夫から2〜3週間返事を延ばされた、離婚すれば夫の顔色を気にせず仕事ができる」とおっしゃる。
また、離婚後については
「子供が大学生になるまでは『母親』としてのみ生きていく」という類いの発言と、「離婚が成立したら堂々と新しい男性を探す」という類いの発言。
相反することをおっしゃるのは、離婚調停中で混乱していらっしゃるためでしょうか。

国際結婚からの離婚は、(彼女が日本とアメリカでどのような結婚手続きをとっていたかにもよりますが)アメリカは各州法によって離婚の方法も異なります。たとえばカリフォルニア州であれば6ヶ月間州に在住していれば離婚自体は簡単に認められ、財産も子供の親権も50-50。ただし離婚には長い時間がかかります。

離婚したからといって終わりではないのが国際結婚のさらに難しい点です。
子供の親権が50-50ということは、子供の教育、住居地、成育環境にかんする決定権を持つ大人が2人いるという意味です。その2人の大人はさまざまな理由によって意見が合わなり離婚に至った男女です。
子供を何日、何週間どちらの家で生活させるか、子供の学校教育や習い事、持病の治療等をどのように行うか等を、意見の合わない大人2人が裁判所の判断を仰ぎながら決めなければなりませんし、決められたことは守らなければなりません。

たとえば、日本人母親がアメリカでの生活に疲れて母国で母子の生活を送りたいと望む場合もあります。そのとき(DV等大きな問題がない父親のもとで)年の半分は過ごすと決めていたとすると、その子供の処遇が問題となりかねません。
以前の国際離婚であれば、日本で生活が落ち着いているのであれば子の福祉のためにもそれを守るべきとされていましたし、幼い子供を抱え日本で暮らす母親の仕事が忙しくて父親の住むアメリカへ子供を連れて行く時間も取れない場合もありますが、「ハーグ条約」を批准してしまった今となっては、子供を父親に会わせない母親は犯罪者のように扱われ、子供だけ強制的にアメリカへ送還される場合すらあります。

日本において日本人同士の離婚でも、離婚後の子供との面会交流が問題となる場合が多いものですが、国際結婚(この場合はアメリカ)では2人の親権者があるため、子供の処遇は、その子が成人あるいは社会人となるまでずっと長く継続するトラブルとなりかねません。

7日(月)テレビ朝日『グッド!モーニング』で彼女の離婚についてコメントを出します。
http://www.tv-asahi.co.jp/goodmorning/

関連記事

谷崎潤一郎『細雪』観劇

お招きいただいて『細雪』観劇しました。 谷崎潤一郎の長編小説『細雪』は、1950年から3回も映画化

記事を読む

選択的夫婦別姓問題(夫婦同姓規定)

選択的夫婦別姓については、『リストラ家族〜民法改正と夫婦別姓』として、故遠藤誠弁護士と池内ひろ美共著

記事を読む

マダムズフェイバレットな一日

優雅で美しいマダムたちは今までの経験において、さまざま「良いお品」を知っています。 化粧品、衣料品

記事を読む

テレビに出るときは・・・

今日は、12:00〜13:00MXテレビ「ひるキュン」、17:00〜18:00「よしニュー」。どちら

記事を読む

父子DNA型鑑定(産経新聞)

産経新聞(朝刊)紙面。【金曜討論】父子DNA型鑑定 棚村政行氏「民法の早急な見直しを」 池内ひろ美氏

記事を読む

公開講座「セルフ・ブランディング」

八洲学園大学で公開講座を開きました。 「セルフ・ブランディング」についての方法・方向性は、以前

記事を読む

クリスタル・ブレスレット

クリスタルのサポートをいただきます♪ 酒井 伶佳さま、酒井 きよ美さまがオリジナルで作ってくださっ

記事を読む

昨今の離婚事情

2月11日付朝日新聞 社会面 「どうして別れるの? 昨今の離婚事情」にコメント出しています。

記事を読む

娘の誕生日

一人娘の誕生日です。 彼女は27歳になりました。子供が育つのは早いものですが、もう子供と呼ぶ年齢で

記事を読む

社会派「よしニュー」

パンサー向井さんの司会、ゲストはロバート山本さん。 ロバート山本さんのボクシングデビュー戦

記事を読む

6月2日は「ローズの日」

「ローズの日の集い🌹」に伺いました。 6月2日をローズの日と定め、ブ

セルフブランディング講座:横浜みなとみらい

「ビジネスマンのためのセルフブランディング講座」今年も横浜で開講します

「#Me Too」ムーブメントの意味

「#Me Too」ムーブメントの意味をあらためて書いておきました。

セクハラ問題が「女の敵は女」とならないよう

財務次官のセクハラ疑惑にかんして、テレビに出て影響力あるタレント女性が

舞台『ラケット』

若手俳優×若手映像クリエイター×神保町花月が初タッグを組んで行う将

→もっと見る

PAGE TOP ↑