*

熟年離婚は妻から95%

公開日: : 最終更新日:2016/03/27 ブログ, メディア, 恋愛と結婚と離婚

12108748_1263261783702950_8799003306055599604_n FullSizeRender 2『ワイド!スクランブル』に出演し、熟年離婚について語らせていただきました。

「離婚の申し出は95%が妻から」は熟年離婚の場合において、そのように感じられます。しかし正確な統計は存在していません、あくまでも今まで3万5000人を越えるご夫婦からご相談をお受けしてきた実感として思うことです。
一般的な離婚では妻からの申し出が75%です。こちらは司法統計に表されています。
とはいえ、司法統計に残る数字は、家庭裁判所で調停ないし離婚裁判を行ったご夫婦(離婚全体の約10%)ですので、協議離婚をなさる90%について、夫と妻いずれからの離婚申し出が多いのか、その割合を正確に把握することは誰にもできません。

一組のご夫婦の間に何があったのか、なかったのか。
大きなトラブルが起こったために別れなければならなくなるご夫婦もありますし、何もなかったからこそーーー「愛」どころか「情」もないからこそ離婚となる場合も多いものです。せつないですね。

==========
離婚無効の訴えを起こした原告男性(69歳)が、元妻を裁判所前で切りつけた事件
http://www.sankei.com/affairs/news/160322/afr1603220027-n1.html

産経ニュース 2016.3.22 13:44

さいたま地裁(さいたま市浦和区)の敷地内で女性が男に切りつけられた事件で、埼玉県警浦和署は22日午前、殺人未遂の疑いで自称同県上尾市瓦葺、職業不詳、松元隆久容疑者(69)を緊急逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は、同日午前10時ごろ、同地裁出入り口付近で、県内に住む60代の女性の左ほほを包丁のようなもので切りつけ、全治不詳のけがを負わせた疑い。女性は救急車で病院に運ばれたが、命に別条はないという。

同署などによると、松元容疑者は地裁職員や来庁者に取り押さえられ、自傷行為により軽傷を負っている。2人は元夫婦で、松元容疑者がさいたま家裁に離婚無効訴訟を起こしており、この日は手続きのために来庁していたとみられる。

関連記事

スペインから被災地を結ぶ震災三年目の追悼式

日本スペイン交流400年記念、そして震災から3年目ということで慰霊のミサ、演奏が 3月11日に執り行

記事を読む

【CNN】息子が顔隠してデモ参加、引きずり出してたたいた母が話題に

テレビを見ていた母親がデモ隊の中に自分の息子を見つけて、現場へ向かい、息子につかみかかりデモ隊から引

記事を読む

尼寺の「精進料理」

尼寺の精進料理を教えていただきました。 菜の花のおすもじ(巻き寿司)、さざれ石のお吸い物、あけぼの

記事を読む

地方創生シンポジウム

昨年末、石破大臣が参加なさった岡山のテレビ番組でも「地方創生」を語らせていただきましたが、2月13日

記事を読む

必要な防潮堤と不要な防潮堤

安倍昭恵さんからお声かけいただいて、東北各地の「防潮堤建設予定地」を何度も訪問し、防潮堤の是非につい

記事を読む

「限界集落」語源の町で作られている「限界突破トマト」

「限界突破トマト」賜りました!いただきました! 大切に大切に和紙に包まれて届きます。 お味は、美

記事を読む

「母の呪い」は・・・

この20年あまり、たくさんの方々のご相談をお受けしてきました。それは女性だけではありません、男性から

記事を読む

講演「女性が美しく働くためのパートナー作り」

日時:2009年12月9日(水)18:30〜20:30 場所:東京ウィメンズプラザ 恋愛中でも結婚

記事を読む

Girl Power×フランク三浦

ミヤネ屋の宮根さんもお気に入りという「フランク三浦」ですが、 Girl Powerとコラボして、「

記事を読む

サンコン氏 古稀のお祝い

Girl Powerでいつもお世話になっていますオスマン・ユーラ・サンコンさまの巨大なお誕生会。古稀

記事を読む

映画『ミセス・ノイズィ』とClubhouse

早朝からベランダに布団を干し、布団叩きでバンバンと大きな音を立てる

ミャンマーの友人から:ミャンマー軍クーデター

ミャンマーの友人からmessageを伝えてほしいと頼まれました。 ミ

本当に女は話が長いのか? レインボーさんと考える

森喜朗元総理の発言は世界的なバッシングを受けて、東京オリンピック・パラ

ラフレクランさんと婚活・結婚を語る

なぜ婚活と結婚を語らなければならないかといえばーーーこの年末年始、私は

マツコデラックスが紐解く日本のモテ現代史

今から約30年前ってどんな時代だったのかなあ、と振り返ったり「日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑