*

映画『オーバー・ザ・ブルースカイ』トークショー

公開日: : 最終更新日:2016/01/09 ブログ, メディア, 講演・セミナー

映画『オーバー・ザ・ブルースカイ』
http://o-bluesky.com

3月14日に行なわれた『オーバー・ザ・ブルースカイ』ホワイトデーカップル限定試写会報告。

この日は、家庭問題評論家としてTVなどでおなじみの池内ひろ美さんをゲストに迎え、事前に皆さんからいただいた恋愛の悩みを解決すべくディープでタメになるトークショーを実施!

本作をご覧になった池内さんは、
「泣きました。ほとんど最初から最後まで。作品には、かわいい小さな女の子が出てきます・・・私にも娘がいて元気に過ごしていますが、幼い頃は病気はじめさまざまありました。娘の小さな頃にオーバーラップするところがあって、泣いて泣いて泣いて・・・。全部で3回観ましたが、1回目と2回目はまた違う印象になります。ぜひ何度も観てほしい作品です。」
というご感想を話してくれました。

「あるある!」な話題から、赤裸々な悩みまで、ユーモアを交えて解決法を導きだしていく池内さんのお話に、満席の会場は大いに盛り上がりました!

ーーーーーーーーー
Q:長い期間つきあっている人がいますが、なかなか具体的な結婚の話題になりません。このまま結婚しないべきか、するべきか。また結婚のタイミングは?

池内さん:「結婚のタイミングは難しいですね。深く深く考えていたらたぶん一生できないと思います。(場内笑)
結婚はもし迷っているのでしたら、結婚してください。離婚は迷っているのでしたら、離婚しないでください。(場内大爆笑)
迷っているということはまだ続けられるということです。
昔、女性の結婚は「クリスマスケーキ」と言われました。つまり、25歳までに結婚しないと26歳以降はタダでももらってくれる人がいないってことだったので、私自身はイヴの24歳で結婚しました・・・まあ、結局離婚もしましたけど(笑)結婚にはいきおいも必要です。タイミングを図るまえに、まずは結婚してみましょう。」

Q:交際期間が長いとときめきがなく、相手が空気のような存在になっています。恋愛初期のような気持ちに戻るのは難しいかもしれませんが、こういったマンネリ感をどうにかできないかと思っています。

池内さん:「逆説的なことを言うと、トキメかないからいいんです。
トキメキというのは恋愛ホルモン(脳内ホルモン)が出てくる状態です。ドーパミンが出て、アドレナリンが出てというこの状態がずっと続くと大変なことになります! テンションが高く落ち着きのないヘンな人になっちゃいます。(場内笑)
ですから、ある程度交際期間を経て、落ち着いて、性愛的な愛情から“情”に移っていくいくというのが正しいステップです。特に日本人の場合は“愛”よりも“情”での繋がりのほうが長続きしやすいんじゃないかしらと思います。」

Q:恋人、夫婦として関係をうまく築いていく秘訣、また、一生のパートナーと出会うために大切なことなどがあれば教えてください。

池内さん:「パートナーと出会うためにも、相手と良い関係性を保つためにも大事なことは、相手のことを好きになるより、ご自身のことを好きになること。ご自分を好きじゃないってことは自己評価が低いってことなんですよね。女の子が、ときどき言うこと。
「私なんてダメなんです〜」とか「可愛くないんです〜」とか言う。そういう女の子って、結局は「キミはそんなことないよ」って言ってほしいんです。特に彼氏には。自分の良いところをたくさん知っていて、褒めてほしいと思っている。自分の評価を他者に任せる自己評価の低さがある人は、女性も男性も付き合うのが面倒臭くなられることがあります。
だから、まずは自分のことを好きになって自信を持ってください。そして、良い関係を保つためには、男性から女性に「かわいいね」、女性から男性に「かっこいいね」と言ってあげてください。「美人だね」「キレイだね」という言葉よりも、「かわいいね」という言葉のほうが万能です。」

ーーーーー
いかがでしたでしょうか?
このほかにも、客席からの、たくさんの恋愛相談にのってくださった池内さん。
女性として結婚、出産、離婚を経てきたからこそのとても説得力のある
お話の数々に皆さん、真剣に耳を傾けていらっしゃいました。

もっと池内さんのお話を聞きたい方、池内さんに相談にのってほしい悩みがある方は
ぜひ、池内さんのもとを訪ねてみては?

関連記事

no image

離婚相談と女性の生き方

記事を読む

6月2日は「ローズの日」

「ローズの日の集い🌹」に伺いました。 6月2日をローズの日と定め、ブルガリアンローズ普及のためのチ

記事を読む

ベッキー問題を論客が語る

発売中の『サンデー毎日』で「ベッキー騒動 大激論」とし、論客がそれぞれの見解を寄せています。が、まあ

記事を読む

SMAPファミリーorシングル?

一連のSMAP騒動は残念なことでした。 なにが一番残念だったかといえば独立云々ではなく「解散の

記事を読む

女だけの「月待ち講」

安倍昭恵さんのお声掛けで集まった女性の会が最終講を迎えました。 今、間違いなく日本で一番忙しい女性

記事を読む

パートナーシップから手話ダンスへ

昨日の国際女性デー「HAPPY WOMAN FESTA 2018」にお運びくださいました皆様、あ

記事を読む

都議に転身なさった川松アナ

小川榮太郎先生方と両国で「ちゃんこ鍋」を食べていましたら、 一緒に飲んでいた友人が突然、 「

記事を読む

対談『経済界』

『経済界』佐藤有美社長と対談させていただきました掲載誌。 「輝く女性のONとOFF〜燦々トーク

記事を読む

講演「夫婦関係改善で幸せな結婚生活」

2009年11月14日(土)18:00〜 場所:千葉県 イベント詳細・お申し込みは【ねっと99夢

記事を読む

女性医師ブラッシュアップセミナー

8月1日に行われた、周南地区女性医師部会のブラッシュアップセミナーの様子が山口新聞と日刊新周南に掲載

記事を読む

リチャードソンジリス

わけあって、しばらくの間お預かりしていましたリチャードソンジリスが帰っ

渋谷「オモ論議」出演します

「オモ論議~笑って学べる言葉のコロシアム~VOL.9」 日時:10月

東芝「3Dネイル」

「東芝が3Dでネイルを作るんだよ」と聞いたとき、それは何?いったい何の

自分の「花押」を作ってみました

「花押」って、ご存じですか。 現代の日本は印鑑文化ですが

女性活躍シンポジウム:岡山

「女性活躍が新たな企業価値をつくる」シンポジウム。 沖縄から藤野公子

→もっと見る

PAGE TOP ↑