*

不倫を繰り返す「スリラー女子」

公開日: : 最終更新日:2016/03/30 ブログ, メディア, 恋愛と結婚と離婚

男女関係や家族問題のご相談をお受けしてきて思うことですが、既婚男性との不倫を繰り返す女性には特性があります。
不倫を繰り返す彼女たちを「スリラー女子」と名付けました。

彼女たちは「結婚」を望んではいないということです。なかには、いわゆる「略奪婚」をしてしまう女性もありますが、残念ながら、結婚という「安定」を手に入れたときから「不安定」となり、喧嘩を繰り返した挙げ句離婚となってしまい、手に入れたはずの彼を元妻のもとへ返してしまう女性すら見受けられます。

彼女たちが求めているのは、結婚という安定ではなく、
「この不倫がバレてしまうと大変なことになる」というスリルであったり、彼との関係性においてドキドキ感が継続することであったり、彼が妻に対しては行わない過剰なサービスの連続であったりーーーそのサービスを受け続けるためには「妻」となってはならない「愛人」のままでいなければならない、愛人であり不倫相手だからこそ彼女はいつも彼にとって一番サービスされる存在であると感じます。
正妻ではなく愛人であるということは、一番ではなく二番手、三番手のはずなのに、プレゼントを受け取ったり、彼の家族には内緒で旅行することによって一番大切にされていると彼女は感じますし、クリスマスやお正月といった特別な日を一緒に過ごすことができないからこそ彼にとって私は特別な存在であると感じる、ある種の自己矛盾を抱えているともいえます。

ときに破滅的でさえあります。
彼を愛しすぎているがゆえに、破壊してしまいたい衝動にかられる不倫女性もあります。さまざまな意味での「ドキドキ感」を持ち続けたいと望みます。その衝動がどこから来るのか、彼女自身にも分かりません。彼女の母親が厳格すぎたから? 幼児体験から来るなにかがあるから? それは彼女にも分かりませんが、とにかく、ドキドキしていたいと望みます。

ずっと継続するドキドキ感を求め続ける彼女たちを「スリラー女子」と名付けましたが、
ドキドキ感を求め続ける彼女が彼と二人きりの関係においてのみ存在している場合は、単体としての「スリラー女子」ですが、不倫相手男性との関係が穏やかかといえば、そうではありません。彼女らと不倫している男性のなかには、「もう不倫をやめたい別れようと伝えると包丁を持ち出したり、怒鳴りつけて怒り出すため、怖くて別れることができない」とおっしゃる方もあります。
また、彼の職場や彼の社会性を脅かす場合の彼女の存在は極めて危険ですし、彼の妻や子どもにスリラー女子が接近してくうる場合もあります。
彼女自身が「スリラー女子」であるとともに、彼の家族にとっても「スリラー女子」という存在です。

関連記事

女性が「豊田真由子議員」状態の場合の正しい対処法

豊田真由子衆院議員(42)から暴行を受けたとして、50代元秘書男性が埼玉県警に被害届を提出し、県警は

記事を読む

LIGHT UP NIPPON チャリティディナー

3.11東日本大震災以降、毎年8月11日、東北の空に花火をあげている「LIGHT UP NIPPON

記事を読む

八王子まつりで八日町「雄略天皇」の山車を引く

江戸時代から続いている八王子まつりは、全部で19機の山車がある巨大なお祭り。 歩いているだけで汗が

記事を読む

TBS『私の何がイケないの?』出演

本日放送のTBS『私の何がイケないの?』出演しています。 「ワケあり家族」の、涙の進路相談ーー

記事を読む

UZUの学校in秋田

「UZUの学校」に私も登壇させていただきます。 お申込〆切は2月8日です。 ==(以下転載)

記事を読む

no image

離婚相談と女性の生き方

記事を読む

「おやじ日本」パネルディスカッション

日程:2月13日(土)14:00~ 会場:渋谷区勤労福祉会館 池内ひろ美は女ですが「おや

記事を読む

マジックバー「うさぎや」

お友だちのSHINOBUちゃんがマジックを行う、赤坂「うさぎや」へ娘と一緒に行って参りました。SHI

記事を読む

発売中の『週刊女性』離婚相談

発売中の『週刊女性』 袋とじの「離婚特集」相談先の一つとして私もご紹介いただいています。 昨日も

記事を読む

恭賀新年

旧年中は大変お世話になりありがとうございました。 新しい年が、あなた様とご家族皆様にとって幸多いも

記事を読む

6月2日は「ローズの日」

「ローズの日の集い🌹」に伺いました。 6月2日をローズの日と定め、ブ

セルフブランディング講座:横浜みなとみらい

「ビジネスマンのためのセルフブランディング講座」今年も横浜で開講します

「#Me Too」ムーブメントの意味

「#Me Too」ムーブメントの意味をあらためて書いておきました。

セクハラ問題が「女の敵は女」とならないよう

財務次官のセクハラ疑惑にかんして、テレビに出て影響力あるタレント女性が

舞台『ラケット』

若手俳優×若手映像クリエイター×神保町花月が初タッグを組んで行う将

→もっと見る

PAGE TOP ↑