*

「母の呪い」は・・・

公開日: : ガール・パワー, ブログ

この20年あまり、たくさんの方々のご相談をお受けしてきました。それは女性だけではありません、男性からのご相談もありました。

ご家族間での混乱、葛藤。ご夫婦の間での苦しみ、子育てを行うなかで私は子供にきちんと対応できていないと涙される方もありました。男性も女性も。

ご相談のとき、さまざまお話をお伺いするなかで、「あなたはどのようなお母様に育てられましたか」と尋ねることがあります。みなさま、さまざまにお母様についてお話しくださいます。

「私は長女だからと、ひとつ妹よりずっと厳しく躾けられました。たった一歳年上というだけなのに母は私に完璧な長女を望んでいました。母は妹ばかりかわいがって私を憎く思っていたのかもしれません」

「母は近所でも有名な美人でおしゃれな人でした。いつもきれいにお化粧してお洋服もしゃれていました。でも私は父に顔が似ていてあまりきれいではない、、、そんな私の顔を見て母はいつも『なんで私に似なかったのかしらね』とためいきをついていました」

「母はいつも緊張していました。同居していたおばあちゃんとの折り合いがよくなかったのでしょう。台所で母が誤ってお皿を割るといつも私のせいにされました。おばあちゃんから叱られたくなかったんでしょうね。子供心にもそれがわかっていて、私がいつもおばあちゃんに謝りました」

「母は私に勉強するようにと言いました。自分が高校しか卒業していなくて人からばかにされるから、あなたは勉強しなさいと言われ、テストの成績が悪いと鉛筆を手の平に押し付けられました。今でも手の平に鉛筆の芯の後があります」

「母は、私が小学生のとき男の子からモテると怒っていました。ふたことめには『あんたはイヤラシイ女』と言われてすごく嫌でした。年頃になって胸がふくらむと母は『イヤラシイ女』と言いました。悲しくてつらくて、女なんかに生まれなければよかったと思いました」

ご相談の中で、彼女たちはさまざまに自分の母親を語ります。
けして、いわゆる「ひどい母親」ばかりではありません。

「母は、私がいつも人から好かれるようにと、可愛い洋服を縫って着せてくれましたし、友だちがくると手作りのおやつを準備してくれていました」

「母は私のことが大好きだと言います。30歳を超えた今でも私のことが大好きだから、どこに行くのも一緒です。休日には母とショッピングに出かけますし、2ヶ月に一度は母が旅費を出してくれて旅行しています。年2回は海外旅行です」

「母は結婚したことを後悔しているようです。でも私が生まれたから結婚してよかったと言いますが、私には、結婚なんてしないで、男は信用できないからずっと母と一緒に暮らしましょうと言われています」

ーーーー彼女たちにかかっている『母の呪い』。
そのことにご相談の中で気付き、いままで心配性の母だからと思っていたことが束縛であり強固なコントロールだったと気付いていく方もいらっしゃいます。
それは、
独身の女性だけでなく、結婚し妻となり今の夫婦関係に困っている方も、母親となり子育てに悩んでいる方も同じです。彼女たちにはいずれも『母の呪い』がかかっています。

私の大切な友人であり、ともに『母の呪い』について考えてきた麻生マリ子さんが、次の記事を書いていらっしゃいます。ぜひご一読ください。

●安藤美姫さん、福原愛さん、宮沢りえさん…「ステージママ」の娘たちの苦悩
●「母の呪い」をかけられた女性はどう自分を再構築したらよいのか
記事はこちら

http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20150119/198583/?P=1&ST=life&n_cid=nbpwol_else

 

関連記事

手話ダンス・レッスン

手話とダンスを組み合わせたレッスンを今日から始めました。 今年10月、来年3月にはお披露目会、

記事を読む

年末年始のご相談について

年末年始は、例年ご相談がとても多い時期です。 この状態のまま新しい年を迎えるのは苦しい、今の気持ち

記事を読む

日本の女性はやせ過ぎ?

日本の女性はやせ過ぎではないかと感じていましたが、厚生労働省の2013年調査でも、女性の8人に1人が

記事を読む

家族メンター養成講座

「家族メンター」養成講座を立ち上げました。 いわゆる離婚相談から恋愛・結婚相談、親子関係など家族に

記事を読む

「TVタックル」3時間スペシャル

3月24日(月)19:00〜22:00 「ビートたけしのTVタックル」3時間スペシャルに出演します

記事を読む

コシヒカリありがとうございます

「お米」賜りました!ヽ(^o^)ノ 私はご飯を土鍋で炊いていますので、このお米は楽しみです。開

記事を読む

熊本地震:女性への支援にご協力お願いします(Girl Power)

今月末、熊本へまいります。 震災直後の救助・避難等は自衛隊や医師団など「プロ」でなければできないこ

記事を読む

講演「女性が美しく働くためのパートナー作り」

日時:2009年12月9日(水)18:30〜20:30 場所:東京ウィメンズプラザ 恋愛中でも結婚

記事を読む

娘が社会人となりました

本日は娘の入社式です。 無事社会人となる日を迎え、私は親としての務めをひとつ終えた気分で安堵してお

記事を読む

更正保護施設での「手話ダンス」

都内にある更生保護施設「両全会」顧問の安倍昭恵さんにお誘いいただき一緒にお伺いして、手話ダンスを

記事を読む

6月2日は「ローズの日」

「ローズの日の集い🌹」に伺いました。 6月2日をローズの日と定め、ブ

セルフブランディング講座:横浜みなとみらい

「ビジネスマンのためのセルフブランディング講座」今年も横浜で開講します

「#Me Too」ムーブメントの意味

「#Me Too」ムーブメントの意味をあらためて書いておきました。

セクハラ問題が「女の敵は女」とならないよう

財務次官のセクハラ疑惑にかんして、テレビに出て影響力あるタレント女性が

舞台『ラケット』

若手俳優×若手映像クリエイター×神保町花月が初タッグを組んで行う将

→もっと見る

PAGE TOP ↑