*

「母の呪い」は・・・

公開日: : ガール・パワー, ブログ

この20年あまり、たくさんの方々のご相談をお受けしてきました。それは女性だけではありません、男性からのご相談もありました。

ご家族間での混乱、葛藤。ご夫婦の間での苦しみ、子育てを行うなかで私は子供にきちんと対応できていないと涙される方もありました。男性も女性も。

ご相談のとき、さまざまお話をお伺いするなかで、「あなたはどのようなお母様に育てられましたか」と尋ねることがあります。みなさま、さまざまにお母様についてお話しくださいます。

「私は長女だからと、ひとつ妹よりずっと厳しく躾けられました。たった一歳年上というだけなのに母は私に完璧な長女を望んでいました。母は妹ばかりかわいがって私を憎く思っていたのかもしれません」

「母は近所でも有名な美人でおしゃれな人でした。いつもきれいにお化粧してお洋服もしゃれていました。でも私は父に顔が似ていてあまりきれいではない、、、そんな私の顔を見て母はいつも『なんで私に似なかったのかしらね』とためいきをついていました」

「母はいつも緊張していました。同居していたおばあちゃんとの折り合いがよくなかったのでしょう。台所で母が誤ってお皿を割るといつも私のせいにされました。おばあちゃんから叱られたくなかったんでしょうね。子供心にもそれがわかっていて、私がいつもおばあちゃんに謝りました」

「母は私に勉強するようにと言いました。自分が高校しか卒業していなくて人からばかにされるから、あなたは勉強しなさいと言われ、テストの成績が悪いと鉛筆を手の平に押し付けられました。今でも手の平に鉛筆の芯の後があります」

「母は、私が小学生のとき男の子からモテると怒っていました。ふたことめには『あんたはイヤラシイ女』と言われてすごく嫌でした。年頃になって胸がふくらむと母は『イヤラシイ女』と言いました。悲しくてつらくて、女なんかに生まれなければよかったと思いました」

ご相談の中で、彼女たちはさまざまに自分の母親を語ります。
けして、いわゆる「ひどい母親」ばかりではありません。

「母は、私がいつも人から好かれるようにと、可愛い洋服を縫って着せてくれましたし、友だちがくると手作りのおやつを準備してくれていました」

「母は私のことが大好きだと言います。30歳を超えた今でも私のことが大好きだから、どこに行くのも一緒です。休日には母とショッピングに出かけますし、2ヶ月に一度は母が旅費を出してくれて旅行しています。年2回は海外旅行です」

「母は結婚したことを後悔しているようです。でも私が生まれたから結婚してよかったと言いますが、私には、結婚なんてしないで、男は信用できないからずっと母と一緒に暮らしましょうと言われています」

ーーーー彼女たちにかかっている『母の呪い』。
そのことにご相談の中で気付き、いままで心配性の母だからと思っていたことが束縛であり強固なコントロールだったと気付いていく方もいらっしゃいます。
それは、
独身の女性だけでなく、結婚し妻となり今の夫婦関係に困っている方も、母親となり子育てに悩んでいる方も同じです。彼女たちにはいずれも『母の呪い』がかかっています。

私の大切な友人であり、ともに『母の呪い』について考えてきた麻生マリ子さんが、次の記事を書いていらっしゃいます。ぜひご一読ください。

●安藤美姫さん、福原愛さん、宮沢りえさん…「ステージママ」の娘たちの苦悩
●「母の呪い」をかけられた女性はどう自分を再構築したらよいのか
記事はこちら

http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20150119/198583/?P=1&ST=life&n_cid=nbpwol_else

 

関連記事

15230620_1492205304141929_6894631400067348052_n

女性のための依存症回復支援施設

本日は、女性のための依存症回復支援施設「フラワーガーデン」代表・容子さんが東京まで来てくださいました

記事を読む

FullSizeRender 2

講演「幸せを感じる力」

2月26日(日)名古屋で講演を行います。   依存症や行きづらさを抱える女性

記事を読む

10858502_975257312503400_7652976068968540651_n

岡山牛窓で短編映画ロケ

短編映画「U.F.O(Ushimado's Fantastic Occurrence)」ロケが終わり

記事を読む

(写真はイメージです)

シニア結婚相談所:妻が高齢夫を殺害(京都府)

高齢者、シニアの結婚相談所登録者数が増加しています。 それ自体は問題視すべきことではありませんし、

記事を読む

グッドモーニング1

高橋ジョージ氏はモラハラ夫?

スポーツニッポンに「三船美佳 別れの理由はモラハラ 未明まで連夜、人格否定の言葉浴び…」という刺

記事を読む

images-1

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます

今年、夫の父と母を見送りました。 海上保安庁に勤務していた父は、口数少なく静かに日々を過ごしあ

記事を読む

FullSizeRender 2

『火花』又吉直樹氏

よしもと東京本社で打合せを終えました。私は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属ですので、とき

記事を読む

IMG_9457

子育てGirl Powerセミナー

一人娘が、「ママは犬のしつけと子育てがうまいのよね」の言葉を残して海外赴任へと発ちました。今犬は

記事を読む

Unknown-1

お誕生日お礼申し上げます

12月13日で満54歳となりました。 この年齢になってもお仕事をさせていただける、健やかに穏やかな

記事を読む

川松真一朗都議

都議に転身なさった川松アナ

小川榮太郎先生方と両国で「ちゃんこ鍋」を食べていましたら、 一緒に飲んでいた友人が突然、 「

記事を読む

images
「大人の恋」の難しさ:渡辺謙氏

渡辺謙氏の、いわゆる不倫報道からつれづれに書いてみました。 一部

Unknown
年の差結婚のアンジャッシュ渡部建氏

アンジャッシュ・渡部建さんが佐々木希さんとの結婚を、日本テレビ『行列の

IMG_5815
対談『経済界』

『経済界』佐藤有美社長と対談させていただきました掲載誌。 「輝く

C7AgcvFWoAYJYFx
パキスタン映画『娘よ』

サンプル版をいただいて、昨夜パキスタン映画『娘よ』を観ました。 脚本

sasameyuki2017_omote
谷崎潤一郎『細雪』観劇

お招きいただいて『細雪』観劇しました。 谷崎潤一郎の長編小説『細雪』

→もっと見る

PAGE TOP ↑