*

同性愛、離婚への寛容表現削除 バチカン司教会議が報告書

公開日: : 最終更新日:2014/10/21 ガール・パワー, ブログ, 恋愛と結婚と離婚

2014.10.19【ローマ共同】
ローマ法王庁(バチカン)で開かれた「世界代表司教会議」の臨時総会は18日、2週間の協議を総括した最終報告書を発表した。先に公表した暫定報告書にあった同性愛者や離婚した信者への「寛容姿勢」を求める表現が削除され、同性婚や離婚をタブーとするカトリック教会の基本姿勢を維持する内容となった。

 同性婚や離婚をめぐり教会内部で、現実社会に合わせた柔軟な対応を求める改革派と、教義に厳格な保守派との根深い対立があることがあらためて浮き彫りになった。
ーーーーーーーー

個人的には、極めて残念なニュース。
日本でカトリック信者となれば離婚のときどれほど大変な思いをするか、カトリック信者でない方はご存知ないことですが、いわゆる「法律婚(日本の戸籍制度にのっとった法律上認められる婚姻)」を、協議・調停・裁判等行ったうえで、法的手続きにのっとり戸籍を書き換えるのが離婚ですが、
カトリック信者は、さらに「宗教裁判」を受けなければなりません。
日本では、東京都豊島区目白に宗教裁判を開くことのできる場が一ヶ所だけあります。
法律の決定をそのまま受け入れず、あらためて判断を下されるのが宗教裁判です。

さらに、
同性愛者に対する偏見をいつまで続けるというのでしょうか。
いつまで、同性愛者と小児愛を同じ「変態」というくくりで語るのでしょう。小児愛は許されざるものです。私自身は無宗教ですが、偉大なる神が存在するのであれば、男女にかかわらず広く愛を受け入れてくださるのではないかと残念に思います。
キリスト教、イスラム教はじめさまざまな宗教が世界にありますが、宗教ではなく「神道」は受容する力が大きいと、こういったニュースに触れるたびに感じます。

関連記事

「戦争の昭和史」小川榮太郎氏

小川榮太郎先生より賜りました。ありがとうございます。 『一気に読める「戦争」の昭和史』小川榮太

記事を読む

「モラハラ相談」連載

4月13日より、『日刊現代』で 今とても顕著になっている「モラル・ハラスメント」にかんする新連載で

記事を読む

セルフブランディング講座

もう一度会いたい人になる! セルフブランディング講座 企業に所属している人、起業している人、

記事を読む

連続講座「幸せになる親子コミュニケーション」

11月19日(木)子どもに伝わる『伝え方』 12月17日(木)子どもの心に寄り添う 講師:森山貴

記事を読む

大学での公開講座

1月に大学で公開講座を開きます。 お仕事のうえでも私生活の人間関係にも活かしていただける「セルフ・

記事を読む

新春特番の収録

今の時期は、来年放送の特番を収録する時期です。 とても可愛い澤田南ちゃんは、私の娘と同い年とは

記事を読む

本年最後のなぎなたお稽古

今年最後の薙刀お稽古で、はじめて袴を着けました。 薙刀世界大会第2位のアレックス・ベネット先生が、

記事を読む

no image

お問合せ

記事を読む

浮気適正年齢は25歳までと45歳以上

もちろん、浮気や不倫をお勧めするものではありません。 生涯一人の人を愛し続け、脇目もふらず配偶者の

記事を読む

都議に転身なさった川松アナ

小川榮太郎先生方と両国で「ちゃんこ鍋」を食べていましたら、 一緒に飲んでいた友人が突然、 「

記事を読む

6月2日は「ローズの日」

「ローズの日の集い🌹」に伺いました。 6月2日をローズの日と定め、ブ

セルフブランディング講座:横浜みなとみらい

「ビジネスマンのためのセルフブランディング講座」今年も横浜で開講します

「#Me Too」ムーブメントの意味

「#Me Too」ムーブメントの意味をあらためて書いておきました。

セクハラ問題が「女の敵は女」とならないよう

財務次官のセクハラ疑惑にかんして、テレビに出て影響力あるタレント女性が

舞台『ラケット』

若手俳優×若手映像クリエイター×神保町花月が初タッグを組んで行う将

→もっと見る

PAGE TOP ↑