*

自分の「花押」を作ってみました

公開日: : 最終更新日:2018/09/13 ガール・パワー, 著作, 講演・セミナー

「花押」って、ご存じですか。
現代の日本は印鑑文化ですが、平安中期頃から使用されはじめた「花押」は、欧米のような名前のサインでもなく、署名の文化とでも言ったらいいでしょうか。
 
自分の名字を入れたり願いを入れて、日本の歴史とともに発展してきた「花押」が失われている現代に、「その想いを表す一文字」として復活させ未来に継承していくものです。
 
渡邉政良様(日本花押協会副代表理事)よりお声かけいただき、一日掛かりで自分の花押を作らせていただきました。男性だけでなく女性も花押を作ってよいということです。
講習を終えて数日後に、作った花押を入れて(左にある)ストラップもお届けくださいます。日本花押協会、とても親切です。
 
講習は花押の歴史を学ぶことからはじまります。戦国時代の花押は大変興味深いものでしたし、これらを義務教育内で今の子どもたちにも教えてほしいと感じるほど、日本の文化と戦国時代とその後の時代への理解が深まるものです。
 
自分の花押は一人では作ることができません。
文字の選び方、崩し方、花押へのアレンジ、筆の運びまで、根気よく丁寧に教えてくださいました 書道家 龍玄先生に感謝します。(花押協会にはたくさんの先生がいらっしゃいますが、私は「龍玄先生ご指名!」とワガママをお願いして先生の回に入れていただきました)
ありがとうございます。
 
作りました花押は、
「女」と「学」を組み合わせて(八洲学園大学で行っている「女子学」+Girl Power)です。ーーー大筆を持つのは久々でしたため、少し危うい筆跡はご赦免くださいね。
ご関心のある方、ぜひ一度ご体験ください。
静謐かつ素晴らしい時間と歴史の重みを受け取ることができます。

関連記事

渋谷「オモ論議」出演します

「オモ論議~笑って学べる言葉のコロシアム~VOL.9」 日時:10月21日(日)開場:20:15 

記事を読む

Microsoft #UpgradeYourWorld 受賞

先月行われたマイクロソフト「Upgrade Your World」プロジェクトのご報告です。皆さまの

記事を読む

セクハラ問題が「女の敵は女」とならないよう

財務次官のセクハラ疑惑にかんして、テレビに出て影響力あるタレント女性が、MCの立場で「セクハラと感じ

記事を読む

講座「夫婦のあり方、家族のあり方」

日程:2月8日(月)・22日(月)・3月8日(月) 3回連続講座 各回とも10:30~12:00

記事を読む

トークショー「女性の生き方」

元衆議院議員田中 美絵子さまとトークショー「女性の生き方」を、明日からの公演用に設定がすでになされて

記事を読む

Girl Power Smile Action

女性の笑顔で世界を満たそう! 【Girl Power Smile Action】にご参加ください。

記事を読む

結婚:一度もしない人と何度もする人

Girl Power Insight に「一度も結婚しない人と何度も結婚する人の違いとは」書かせ

記事を読む

学習院女子学園祭で手話ダンス

新宿区にある学習院女子大学の学園祭に、私たち手話ダンスチームがお伺いしました。 特設ステージ上で「

記事を読む

谷崎潤一郎『細雪』観劇

お招きいただいて『細雪』観劇しました。 谷崎潤一郎の長編小説『細雪』は、1950年から3回も映画化

記事を読む

尼寺の「精進料理」

尼寺の精進料理を教えていただきました。 菜の花のおすもじ(巻き寿司)、さざれ石のお吸い物、あけぼの

記事を読む

オモ論議で「女性の現状」を話します

6月25日(火)20:30〜 「オモ論議」渋谷∞ドーム よしも

Girl Power Salonランチ&トーク(残席わずか)

フリーアナウンサー勝 恵子(Girl Power理事)と、池内ひろ美(

キャリアコンサルティング様で講演

若い女性たちへ向けて講演させていただく打合せを、株式会社キャリアコンサ

中高年ひきこもり「8050問題」

取材を受けました記事の掲載誌『週刊新潮』 ーー特集 あなたの隣にいる

岡山への帰省

いろいろあって娘と岡山の実家へ帰ってきました。 昔むかし私が高校へ通

→もっと見る

PAGE TOP ↑