*

高島礼子氏がすぐに離婚しない理由

公開日: : 最終更新日:2016/07/03 ブログ, メディア

高知容疑者の、ラブホテルで女性と2人いる場での覚せい剤現行犯逮捕は、高島礼子氏にはほんとうに気の毒なことです。夫の浮気と覚せい剤逮捕が同時に起こると、一般的に妻は離婚を考えますが、高島氏の会見によると、すぐには離婚しないようです。会見で彼女自身が使われた言葉をもとに考えてみます。

すぐ離婚しない理由ポイントは3つ。
・離婚したら負け
・子どもがいない
・今でも彼を好き

彼女の側が高知容疑者を好きになり、周囲の反対や障害を越えて結婚したと報道されています。自分が好きになって結婚した相手が逮捕された、不倫したからといって見放してはならない、彼のマイナスからの更正を支え見届けたいという「妻の責任」とともに、障害を越えて結婚したのに離婚するのは「自分に対する負け」という意識があると感じられます。

お二人の間に子どもはありません。もしも子どもがいれば、子どもへの影響を考えて離婚するのが一般的です。子どもがあれば「守る」対象が明確ですが、子どもがない場合には守る対象を定めるまでに時間がかかることもあります。高島氏の場合、守る対象が、「仕事(女優業と周辺)・ファン・父親」であるか、「高知容疑者」であるか。この両立は難しいため、いずれ「大人の判断」を行わざるをえません。覚せい剤事犯の清原被告の元妻は、逮捕前に、2人の子の親権を持って離婚し、モデルとしてのご自分の名前から姓を消しています。

結婚前に、高島氏側から高知容疑者を好きになったと報道されていますが、その「好き」の内容は、結婚生活のなかで「母性的な愛情」に変化したことも考えられます。やんちゃを承知で結婚しており、加圧トレーニングの店や、あらたにエステ店を開業させてあげ、高知容疑者のエステの協会に高島氏も名を連ね、開店時には近所へ一緒に挨拶をする。高知容疑者の女性関係はさして意に介さず「彼の不倫のことよりも、薬(覚せい剤)をしてしまった彼の思いの方が不思議で不思議でならない」と表現しています。そのうえで「捜査官の方に包み隠さず話して捜査に協力してほしい」としています。

それはたとえば、
やんちゃな高校生の息子があり、我が子が方々で乱暴な言動があっても「感情が豊かな子」とし、ガールフレンドとトラブルがあってもママはあまり気にせず、勉強のできる環境を整えお金をかけて塾に通わせ、やりたいことはすべてバックアップしてきたのに、目標とした大学に合格したこのタイミングでなぜ万引きなんかするの?! という母親の感情に近いかもしれません。そして、ちゃんと警察に本当のことを話しなさいと諭す。
高島氏の母性が強いというより、たとえば、母と息子が結婚生活を送っているような印象さえ受けます。

いずれにしても、覚せい剤を4グラムも所持していた高知容疑者は、それをどこから手に入れたのか明確にし、彼自身の事件だけでなく、日本の覚せい剤被害をなくすためにも捜査に協力していただきたいと思います。
高知容疑者のように、大人が自分の意志で行うのではなく、まだ年若い人が騙されて覚せい剤を始める場合もありますし、主婦の方が「やせる薬」と言われて覚せい剤を始めてしまうこともあります。いずれも、覚せい剤から抜けだす過程で苦しい思いをしますし、崩壊する家族もあります。

高知容疑者の不倫相手がどんな女性だったか、覚せい剤を買うお金をどう調達したかという下世話なことではなく、日本から覚せい剤を根絶するために高知容疑者にできることがあるはずです。

13592782_1045580618843412_5319894989044483682_n
7月1日テレビ朝日「ワイド!スクランブル」

関連記事

「Girlsguard」赤枝医師

赤枝クリニック産科婦人科で診療を行い「無料エイズ検査」も続けていらっしゃいます、赤枝恒雄医師と打合せ

記事を読む

「ブラマヨ弾話室ニッポンどうかしてるぜ!」

 池内ひろ美も毎週出演しています「ブラマヨ弾話室ニッポンどうかしてるぜ!」 バラエティ番組です

記事を読む

Girl Powerセミナーin関西

「Girl Powerセミナーin関西」 関西で初めてGirl Powerが集まりました。

記事を読む

舞台『ラケット』

若手俳優×若手映像クリエイター×神保町花月が初タッグを組んで行う将来性に期待大の舞台『ラケット』

記事を読む

謹賀新年

新年おめでとうございます。 皆さまのご多幸とご無事をお祈りいたします。 娘が着ている振袖と帯

記事を読む

「大人恋愛白書」

心も体も満たす本気の恋してますか? アラフォー恋愛アンケート/「大人恋愛」を成就させる10の極意/不

記事を読む

穏やかな大鶴義丹ご夫妻

大阪よみうりテレビで特番の収録があり(放送は2月下旬予定)、久々に大鶴義丹さんとご一緒させていただき

記事を読む

Facebook COOシェリル・サンドバーグ著『リーン・イン』

岡山「山陽新聞」へ寄稿した掲載紙が届きました。Facebook COOシェリル・サンドバーグ著『リー

記事を読む

公開講座「セルフ・ブランディング」

八洲学園大学で公開講座を開きました。 「セルフ・ブランディング」についての方法・方向性は、以前

記事を読む

スペインから被災地を結ぶ震災三年目の追悼式

日本スペイン交流400年記念、そして震災から3年目ということで慰霊のミサ、演奏が 3月11日に執り行

記事を読む

WBCチャンプ拳四朗くん

13戦無敗のWBCチャンプ!なのに穏やか癒やし系の27歳 拳四朗チャン

Girl Power Salon「メディアの中の女子」

フリーアナウンサー勝 恵子(Girl Power理事)と私でトークセッ

Girl Power Salon;本当はとても大切なこと講座

講師を務めてくださいました対馬ルリ子先生とは2年ぶりの再会でした。

Girl Power Salon:女性のからだ

毎回好評のGirl Power Salonのご案内です。 今回は「女

「バブル時代」をテーマに、マツコデラックスがバブルに翻弄された日本人の生態を深掘りする

マツコデラックス氏の特番です。 8月12日(月)23:59〜24:5

→もっと見る

PAGE TOP ↑