*

ベッキー「金スマ」

公開日: : 最終更新日:2016/05/16 ブログ, メディア, 恋愛と結婚と離婚

5月13日、「金スマ」でベッキー氏がテレビ(ロケ)出演。それを受けて、番組放送終了後のAbemaTVで、芸能デスクとメディア論大学教授と私が電話で生出演しました。

今回の「金スマ」放送は関心をもって拝見しました。
ベッキー側が開いた謝罪会見では一切の質問を受けず、文春記事ではインタビューではなく「手紙掲載」というかたちをとったベッキー氏がご自身の言葉で語るか、と思われたからです。

1月6日の謝罪会見を経て活動自粛していたベッキー氏が、あの会見ではウソをつきましたと、中居さんの問いかけに答えて認めたわけですが、それはそれは細やかに気遣い、ときには制止し、ときには先回りして、心を尽くして質問する中居さんが気の毒に感じられるほどでした。

今回気にかかった主な点は次の通りです。

川谷さんのことを「男性」と繰り返し呼ぶ違和感がありつつ、男性のことを「すごく好きでした」と涙した後1分も経たないうちに「もう好きじゃないです」とすっきり語り、すでに終わったと強調。でも、そうなのでしょうか。私は今まで多くの方々のご相談をお受けしてきましたが、妻があると知って(途中で知っても)、それでも好きだという気持ちを抑えられなくて密やかにつきあうこともあります。
不倫はもちろん推奨できませんが、既婚者に恋をしてしまう、あるいは自らが結婚しているにもかかわらず配偶者以外の人を好きになってしまう、そういうことってあるんですよね。その切なくて苦しい気持ちをほんの1〜2ヶ月ですっぱり切り捨てることができるのでしょうか。将来の結婚までイメージするほど愛した心はそれほど簡単に割り切れるものではありません。不倫した彼女たちの、その苦しみにも私はずっと寄り添ってきました。
なかには、仕事のじゃまになったから別れた、という方の場合にはすっぱり切り捨ててしまいますが、なんとも、しっくりこないものではあります。

ベッキー氏は、文春の記事を読んで「夫婦関係は破綻していたと聞いていたのに、奥様の気持ちは『男性』にあったと知り、相手の立場に立って物事を考えることができなかった」と涙なさいましたが、どうしても奥様への謝罪はすると言う。
番組ロケ時にまだ謝罪は成立していませんでしたが、奥様が望んだ「川谷氏を含む3人で会う」ことは断り、ベッキー氏が望んだ通り「奥様と2人きりで会う」謝罪を、ロケ終了数日後に行う予定(ロケ時には謝罪日は決まっていなかったようす)。

一般論ですが、「夫が浮気した」ことによって苦しく情けない気持ちを抱えた妻たちは、浮気相手女性と2人きりで会っての謝罪など求めたりしません。(まあ、ドラマのように「この泥棒猫!」と頬を叩くのを望むなら別ですが・・・)できれば浮気相手女性などとは会いたくもない、かかわりたくないというのが彼女たちの正直な気持ちです。が、仕方なく応じざるをえない場合もあるかもしれません。でもそれは、謝罪側が「相手の立場に立って考えていない」からこそ「自分が行わなければならないと思っている謝罪を行う」という、謝りたい自分の都合を優先したものではないでしょうか。
ご相談者様の中には、浮気相手から乞われるままに2人で会って、子育てや加齢で肌荒れし短く切ってしまった自分の爪と浮気相手女性の華やかなジェルネイルを見比べてあらたな悲しみを覚え、また、きちんとスーツを着て浮気相手女性に会いに行ったのに、彼女はスタイリッシュでラフな服装で来ていたことに失望したとおっしゃる方もあります。
浮気相手女性と会って、「若さ、美しさだけでなく、『あなたの夫が惹かれたのは私なのよ、でも謝るわ』と言われて、恥ずかしくて情けなくて死にたくなった」とおっしゃった妻もあります。

謝罪してスッキリするのは、それを行った側だけです。たとえば、浮気した夫が、妻に対して謝った後、「謝ったんだから許して当然。頭を下げたのに許さないとは了見の狭いイヤなヤツだ」と言う場合もあります。謝って許されるものとそうでないことがあります。それが、相手の立場に立って考えることのできない彼らには分からないようです。公的な謝罪とは異なります。私的な謝罪の強要はときに自己満足で終えることがあります。とても残念です。

この度のベッキー氏の騒動の本質は、「不倫したこと」ではなくて、明るく元気な優等生だと思われていたベッキー氏が、人に見えない「LINE」ではあんなことを書くんですか!?、、、という驚愕と失望です。

ベッキー氏の復帰を阻むものではありませんし、不倫自体を責めているのではありません。不倫された側の妻だけでなく当事者となってしまった人たちも混乱し苦しむことを知っていますから。ただ、一組の夫婦が離婚したという事実だけが残ります。

【追記】
この記事は、「不倫」の是非を問うものではありません。
不倫は、それを受け止める立場によって異なります。独身の立場で既婚者と不倫した人、既婚者が独身者と不倫した人、既婚者同士で不倫となった人、配偶者に不倫された人、自身の親が不倫した人、不倫とまったく無縁の人生を歩んできた人、それぞれいずれの立場にいらしても「不倫」の受けとめ方は異なり、それぞれに苦悩を抱えます。

 

ベッキー「金スマ」で謝罪

ƒT[ƒeƒBƒƒ“ƒAƒCƒXƒNƒŠ[ƒ€‚̃Cƒ[ƒWƒLƒƒƒ‰ƒNƒ^[‚É‹N—p‚³‚ꂽƒ^ƒŒƒ“ƒg‚̃xƒbƒL[‚³‚ñ“Œ‹ž“s’†‰›‹æ‚ÌŽžŽ–’ʐMƒz[ƒ‹

ƒ

ベッキーがブログで謝罪

川谷氏もブログで謝罪

農家激怒「畑ではなく記者会見場で」

 

関連記事

海を護る写真展「煌めく宝ー壱岐と奄美の海から」

「煌めく宝ー壱岐と奄美の海から」 カメラマン青木信之氏が壱岐と奄美の海と、鰹漁、マグロ漁を撮影

記事を読む

講演「家族問題ーー世界と日本の違い」

「Girl Power(一般社団法人日本女子力推進事業団)」では、世界主に途上国の女性に目を向けてい

記事を読む

昨今の離婚事情

2月11日付朝日新聞 社会面 「どうして別れるの? 昨今の離婚事情」にコメント出しています。

記事を読む

TBS『私の何がいけないの?』

毎週月曜 19:00〜 TBS 日々、ご夫婦・ご家族のトラブルや離婚にかかわるご相談を

記事を読む

熟年離婚は妻から95%

 『ワイド!スクランブル』に出演し、熟年離婚について語らせていただきました。 「離婚の申し出は

記事を読む

コンドームとSTIサミット

11月2日と3日、日本大学三崎祭で「コンドームとSTIサミット」行います。 STIとは、Sexua

記事を読む

出版パーティー

小山教授の新刊出版記念祝賀会が学士会館で開かれました。小山教授はお目にかかる度どんどん若返っていらっ

記事を読む

学習院女子学園祭で手話ダンス

新宿区にある学習院女子大学の学園祭に、私たち手話ダンスチームがお伺いしました。 特設ステージ上で「

記事を読む

国交省 宅配便再配達 検討会

国交省、事業者等とともに数ヶ月間かけて行ってきた検討会で感じたことを、朝日新聞にコメント出しました。

記事を読む

Dr John Demartini , Lori St Johnヽ(^o^)ノ

以前から会いたかったローリーに今夜お目にかかれました! Dr.ディマティーニは5日間のセミナー

記事を読む

家族メンター養成講座

「家族メンター」養成講座を立ち上げました。 いわゆる離婚相談から恋愛

結婚三回説

方々の講演などの場で「結婚三回説」を唱えさせていただいています。 結

オモ論議〜笑って学べる

【緊急告知!NON STYLE井上、千原せいじも「ウーマン村本問題」を

「ミヤネ屋」生出演

本日13:55〜15:50「ミヤネ屋」生放送に出演させていただきます。

大吉 第1番

新しい年を迎えました。 大晦日24:00〜の生放送番組を終えて、

→もっと見る

PAGE TOP ↑