*

姉妹関係の困難

公開日: : 最終更新日:2015/08/05 ブログ, メディア

テレビ朝日『ワイドスクランブル』で、次の事件をもとに、三姉妹の関係性の難しさをお話しさせていただきました。

【45歳の姉殺害容疑で妹2人ら逮捕、自殺装う】
今年5月に亡くなった45歳の女性。自殺とされていたのが一転、殺人事件になりました。しかも逮捕されたのは女性の2人の妹でした。
31日午前8時半ごろ、捜査員に連行される東京・足立区の自営業・江川悦子容疑者(43)。姉の弘子さん(当時45)を自殺を装って殺害したとして警視庁に逮捕されました。江川容疑者は三女で無職の小杉山真由美容疑者(37)と江川容疑者の交際相手で会社員の深沢薫容疑者(44)とともに、今年5月3日、自宅で姉の弘子さん(当時45)の首に果物ナイフを突き刺したうえ、ベルトを巻きつけて窒息させ、殺害した疑いが持たれています。
死亡した弘子さんと江川容疑者、そして小杉山容疑者は3姉妹で、江川容疑者は弘子さんと同居し深沢容疑者と交際していました。当初、江川容疑者らは弘子さんの死亡について、警察官に対し、このように話していました。
「姉が玄関で自分の首を刺しました」(江川容疑者)
また、自宅には「死にたい」などと書かれたメモが残されていました。当初は、自殺とみられていたのです。
「(弘子さんは)おとなしい人。長女(弘子さん)が病気のため保育園の送迎とか行事に出てこられない。妹さん(悦子容疑者)が母親代わりとして来ていました」(近所の人)
しかし、その後の警視庁の捜査で数々の不審な点が浮かんできました。
【通報まで数時間】
「人が死んでいる」と110番通報があったのは日付が変わった5月4日の午前0時半頃でした。
「江川容疑者らは弘子さんが死亡した後、一旦、自宅を離れ、その後、再び戻って通報したということです」(記者)
【話の内容が曖昧に】
当初、弘子さんが自殺したと話していた江川容疑者ら3人。警視庁の事情聴取に対し、「よく思い出せない」などと、徐々に話す内容が曖昧になっていったということです。さらに、警視庁が弘子さんの司法解剖を行ったところ、主な死因は首を圧迫したことによる窒息死だったことが分かり、江川容疑者らが殺害に関わった疑いが強まったということです。
「姉は亡くなりましたけど、殺意はありません」(江川容疑者)
取り調べに対し、このように供述しているという次女の江川容疑者。三女の小杉山容疑者も「私は何もやっていません」などと容疑を否認しています。警視庁は当時の経緯や犯行の動機について詳しく調べています。(31日17:36)

=========

殺害にまで至るのは稀なことですが、それぞれの家族において、女性の姉妹というのは、男性の兄弟関係よりも複雑です。
幼い頃に、明確な上下関係があるのは男女とも同じです。

5歳の長男は走るのも早く、2歳、3歳の弟たちは賢明についていきながら、「長男にはかなわない」と幼心に知って、自分より優れた長男より異なる面で自分のポジションを確立しようと(男の子ならでのプライドでもって)がんばり、ときには道化を演じることで幼いながらも、長男とは異なる面で母の愛を得ようとします。
長じて、たとえば兄弟が45歳と42歳になったときには、それぞれが社会的に置かれたポジションをお互い認め合い、あまり口出ししないのが男兄弟のおおまかな特性です。

姉妹の場合は、兄弟と異なります。
女の子の場合は、5歳の長女は言葉も達者でもちろん走るのも早い。2歳、3歳の妹たちは、姉に守ってもらおうとします。姉妹関係では兄弟のように競うことをしません。母親は、長女に対して妹を守るよう伝え、ときには母親と同等の能力を長女に求めるため、長女はおのずと優秀な女性に育ちます。
兄弟と一番異なる点は、母親が(自分と同性であるがゆえに)姉と妹をどこかで比べる面があることです。息子の場合は、母親と性が異なるため、母親から息子たちへ無意識の遠慮がありますが、娘たちには遠慮なしです。その母親の下で育つ長女は気の毒です。。世の中で、長女ほど生まれながらに困難を背負う存在はないのではないかと感じるほどです。

 

関連記事

ゲスの極み?って・・・

「ゲスの極み乙女。」の川谷氏が既婚者であるのを隠してベッキーに近づいた?のでしょうか。真相はまだわか

記事を読む

ベネ・ステ女子部で笑顔レッスン

ベネ・ステ女子部 SPECIAL THANKS PARTY でGIRL POWER笑顔レッスンを開き

記事を読む

美しく見送ってさしあげたい:川島なお美

川島なお美さんが亡くなられました。享年54歳。 ガン闘病中との報道から、さして日が経たないうちに死

記事を読む

お誕生日お礼申し上げます

12月13日で満54歳となりました。 この年齢になってもお仕事をさせていただける、健やかに穏やかな

記事を読む

離婚の考え方

ご相談来所なさる方が離婚について誤った考えをお持ちの方が増えたと感じます。それは法律相談や書籍から知

記事を読む

松井守男展覧会レセプション

新幹線で宮城へ日帰りーーで、「松井守男展覧会」オープニングパーティーへ伺いました。 御年72歳

記事を読む

本年最後のなぎなたお稽古

今年最後の薙刀お稽古で、はじめて袴を着けました。 薙刀世界大会第2位のアレックス・ベネット先生が、

記事を読む

途上国少女への支援

過日取材を受けましたGirl Power「Happy Pad Project」について、 「wot

記事を読む

岡山県人会婦人部会での講演

建国記念日。 岡山県人会で、諸先輩方を前にお話させていただきました。高校の同窓生女子から素敵なお花

記事を読む

山口県女医会での講演

山口県 周南女性医師部会主催ブラッシュアップセミナーで、女医先生の「ストレスに関する性差・男女の意識

記事を読む

自分の「花押」を作ってみました

「花押」って、ご存じですか。 現代の日本は印鑑文化ですが

女性活躍シンポジウム:岡山

「女性活躍が新たな企業価値をつくる」シンポジウム。 沖縄から藤野公子

西日本豪雨被害者支援へのご協力をお願いします

私は岡山出身で、18歳まで岡山市内で育ちました。 豪雨被害の直後、新

6月2日は「ローズの日」

「ローズの日の集い🌹」に伺いました。 6月2日をローズの日と定め、ブ

セルフブランディング講座:横浜みなとみらい

「ビジネスマンのためのセルフブランディング講座」今年も横浜で開講します

→もっと見る

PAGE TOP ↑