*

浮気適正年齢は25歳までと45歳以上

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 ガール・パワー, ブログ, 恋愛と結婚と離婚

もちろん、浮気や不倫をお勧めするものではありません。
生涯一人の人を愛し続け、脇目もふらず配偶者のみとセックスすることができれば、それは理想です。
ところが、浮気する心、不倫という行為をただ禁止するだけで止まるものではありません。私は20年以上にわたり3万5000人以上の男女から、恋愛や結婚、夫婦・家族問題についてご相談をお受けしてきました。相談当事者が、恋人以外の女性と浮気した独身男性の場合もあれば、浮気された女性、浮気した独身女性の場合もあれば、妻以外の女性と一度だけ浮気した既婚男性もあれば、継続して浮気を続けている男性、夫に浮気された妻、夫以外の人と浮気している妻の場合もあります。皆様それぞれの立場で悩み、苦しみを抱えていらっしゃいます。他者を愛するがゆえにはからずも他の人たちを傷つけるのが浮気でもありますが、ときには切ない浮気を耳にすることもあります。(私自身の中に「大人の浮気」に寛容な面があることを否定しません。「大人の浮気」にはさまざまな意味が含まれますが、それは別の機会にお伝えします)

人間は多くの場合「浮気する生き物」ですので、これは避けようがないことともいえます。ーーー例として適切ではないかもしれませんが、行きつけでお気に入りのシェフやスタッフがいるスタンダードなレストランがあっても、時には背脂こってりのラーメンを食べたくなったり、超高級レストランで眼下に夜景を眺めながらグラスを傾けたくなる気持ちになるのも浮気の一種かもしれません。

2008年、スウェーデンのカロリンスカ研究所で、スウェーデン国内の双子552組とそのパートナーを調査したところ「バソプレッシン」と呼ばれるホルモンの受容体のうちのひとつ「334」型を持った男性は恋人とのトラブルが多く、恋人の満足度も低かったと報告されています。
この受容体は父母双方から受け継がれますが、「334」を持つ男性は持たない男性に比べて過去1年以内での離婚危機が2倍に上ったという。パソプレッシンを「浮気遺伝子」とする研究者もあります。
 ただし、バソプレッシンが影響するのは男性だけで女性には当てはまらないため、これだけでは、男性(夫)だけでなく、近年増加している女性(妻)の浮気の説明はつきませんし、さらに、人の恋愛感情を遺伝子型だけで説明するのは少々乱暴ですね。さまざまな感情の機微があっての恋愛です。
ラットの実験でも、オスのラットだけに「浮気遺伝子」が認められたという研究結果もあります。

それはさておき、ヒトの浮気原因は、遺伝子型かもしれませんし、現在のパートーナーとの不和が原因となることもありますし、ただ刺激を求める性質から浮気を望む人もいます。押しに弱いため結果的に浮気となる場合もあります。数は多くありませんが、ほんとうに「出会った順番が違っていた」と感じられる切ない思いもあります。いずれにせよ、いつ、何らかのかたちで浮気が起こることは否定できません。

いずれにせよ浮気が起こるなら、せめて年齢制限を設けてはどうでしょう。この年齢制限は女性に設けたいと思います。男性と女性ではリスクが大きく異なるためです。

女性の「浮気適正年齢」は、25歳までと45歳以上。

25〜45歳の間は、よその既婚者や独身者と浮気するのではなく、ご自身の結婚と子育てを行ってください。その理由は、長年、恋愛・結婚にかかわる相談を受けてきた中で、25〜45歳の間に、結婚したいのにできなかった、出産したいのにできなかった、30歳を超えて既婚男性の浮気相手でいたために自身は結婚も出産もできなかったーーーといったさまざまな困難を聞いてきたからです。なかでも、20代から30代後半にかけて浮気をしていた女性がその後既婚男性と別れることになり(それまでは「妻とは離婚するから」等と伝えられた言葉を信じて関係を続け、妊娠しても中絶せざるをえない立場にあるわけですが)、中絶を繰り返したために妊娠できなくなった悲しみも聞いています。その悲しみは、女性の側だけが受ける悲しみです。
もちろん浮気はしないほうがいい。でも、どうしても一人の異性を愛し続けることが困難な場合は、女性の浮気は25歳までの若い年齢のときか、およそ45歳を超え子育てを終えた時期を、「浮気適正年齢」とせざるをえません。いっそ法制化を望む。

浮気を含む恋愛は、それ自体が人を育てるものでもありますため、では25〜45歳の間は人として育たなくていいのか?と揚げ足を取ってくる人もありますので念のため説明しておきますが、自分のために行う恋愛で成長する面はたしかにあります。加えて、結婚と子育ての中で育つものが多くありますし、子育ての中でしか得られない親としての成長もあります。20年間は結婚と子育ての中で成長成熟していただきたいと望みます。

いわゆる「結婚適齢期」が言われなくなって久しいものですが、結婚は何歳でもできます。でも、出産には明確に「旬」があります。生物学的な出産の旬は女性の体力や子宮の状態によっていくらかの個人差はありますが、大切な出産の旬の時期を浮気によって失ってしまうことで取り返しのつかない大きな後悔を抱えている女性がたくさんいらっしゃいます。
人はさまざま異なる環境に生きていますが、時間だけはすべての人に平等です。時間は戻すことができないからこそ「取り返しがつかない」事態となります。だからこそお伝えします。

産経新聞「産経抄」
IMG_0416

毎日新聞「この3冊」
FullSizeRender 3

関連記事

離婚のツボとコツがゼッタイにわかる

二十年以上も前からご夫婦・ご家族のご相談をお受けしてきて、離婚の本も数冊出させていただいています。私

記事を読む

父子DNA型鑑定(産経新聞)

産経新聞(朝刊)紙面。【金曜討論】父子DNA型鑑定 棚村政行氏「民法の早急な見直しを」 池内ひろ美氏

記事を読む

三船美佳さんが財産分与の申し立てをした理由は?

今年3月29日、離婚が成立した高橋ジョージさんと三船美佳さん。美佳さんが子どもの親権者となり、財産分

記事を読む

6月2日は「ローズの日」

「ローズの日の集い🌹」に伺いました。 6月2日をローズの日と定め、ブルガリアンローズ普及のためのチ

記事を読む

公開講座「セルフ・ブランディング」

八洲学園大学で公開講座を開きました。 「セルフ・ブランディング」についての方法・方向性は、以前

記事を読む

熊本支援活動4月30日

27日、熊本へお伺いしましたが、28日に東京で仕事が入っていたため私だけ一度戻り、29日に再度お伺い

記事を読む

0歳からの知育大百科

発売中の『プレジデントBaby』コメント出しています。 「0歳からの知育大百科」 保存版です

記事を読む

松井守男展覧会レセプション

新幹線で宮城へ日帰りーーで、「松井守男展覧会」オープニングパーティーへ伺いました。 御年72歳

記事を読む

Girl Power チャリティ・ラッフル賞品ご紹介

8月28日開催「Girl Power Charity Party 2015」では、ラッフル抽選会を行

記事を読む

選択的夫婦別姓問題(夫婦同姓規定)

選択的夫婦別姓については、『リストラ家族〜民法改正と夫婦別姓』として、故遠藤誠弁護士と池内ひろ美共著

記事を読む

リチャードソンジリス

わけあって、しばらくの間お預かりしていましたリチャードソンジリスが帰っ

渋谷「オモ論議」出演します

「オモ論議~笑って学べる言葉のコロシアム~VOL.9」 日時:10月

東芝「3Dネイル」

「東芝が3Dでネイルを作るんだよ」と聞いたとき、それは何?いったい何の

自分の「花押」を作ってみました

「花押」って、ご存じですか。 現代の日本は印鑑文化ですが

女性活躍シンポジウム:岡山

「女性活躍が新たな企業価値をつくる」シンポジウム。 沖縄から藤野公子

→もっと見る

PAGE TOP ↑